オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

相変わらず豪快な! グラント・バージ・フィルセル2011

うぇるかむ!
ローヌ最強の生産者2人更新しちゃって、もうしばらく更新したくないぐらいの気分であります!(突然のカミングアウト
なのですが、そんなに簡単にシャーヴ様やラヤス様が飲めないのも事実で、今日はハイエンドに近いですがこんな所で。

vMHoO.jpg

グラント・バージ・フィルセル2011
オーストラリアのオールドヴァインシラーズになります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
めっちゃ赤いラベル。
ゴッテリとした赤さであります。そこにワイナリーアイコンというスタイル。
作り手はグラント・バージ。実は当ブログの最初に更新したオーストラリアワインだったりします。
よくよく見たら、ハリデー先生が5つ☆つけてる生産者だったりするので、案外と手広いのかなーとかも思ってます。
名前はホーリートリニティの方が厨二病っぽくていいかも。
さて。このフィルセルというのは畑名っぽい模様で、古樹が多いバロッサバレーの中でも樹齢100年というアンティーク級なのだとか。
で、その実力はというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
やっぱりぶん殴られるような感覚!
とにかく重たいワインに仕上がっており、またガッツリとしたワインでした。
色は紫で透けず粘性も高くあります。
香りにかなり肉々しい印象とオールドらしい渋い漢方チックさが少々ありつつ、バニラの香りもギッチリしています。
おお、濃い新世界ワインだなぁーという印象そのままに味わいもパンチパンチパンチ!
カッフェ系のバニラ&モカコーヒーの強い味わいが刺激的です。
開きのスピードは遅めで、開けてくるとスイカやメロンっぽい瓜野菜系の果汁感があります。
とにかくパンチの効いたスタイルです。濃厚で、私ぐらいの濃い味派でも重たいなぁと思わせてくれます。
単調ではないし、ストレートにこうしたワインの感覚を得るには良好な一本かも。
覚えている限りでは、ホーリー・トリニティよりもこちらの方が好ましいかなと。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
実はコレ、6000円ぐらいで某店で売ってましたので、そうなるとギリギリ♥♥になる♥♥♥かなぁぐらいに微妙な判定するつもりでしたが
ネットショップだと5000円かそれ以下で買えちゃうのでそれならOK

「グラント・バージ フィルセル」で検索した時に一番高くてもコレっぽいのです。
オーストラリアのミドル価格帯アンティークシラーズ、ということで一本呑むのは面白いのではないかと。
強い味わいはわかりやすく、逆に初心者向けワインの部類かもしれません。日持ちも良さそうに感じました。
Akknm.jpg
裏もとてもシンプル。赤さで押せ押せな感じで価格の割に高級感があります。
オールドヴァインなのと合わせて、うまくプレゼント用にも使えそうです。秋からクリスマスぐらいまで対応してくれそう。

というわけで、グラント・バージ・フィルセル2011でした。
このワイナリーさん、久々に飲みましたがやっぱりイメージは
holytorinitei.jpg
こんなんなんですよね(去年、ホーリートリニティの時描いたやつですが)。
ガッツンとしたワインが欲しい時はぜひぜひ。

これぐらいなら、濃厚ワインとして丁度いいぐらいかも

フラッグシップはかなりいい値段してます・・・ヌーン・ワイナリーとかと同格?
関連記事

| オーストラリア | 08:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/431-0bf240e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT