オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シラーを巡るウィークその6 スター・エンジェル・アウレリオズ・セレクション・シラー2007

うぇるかむ!
シラーウィークも今回で6回目。
同一品種を主体(ほぼ100%に近い)としたワインでひたすら更新していますが、大詰め感ありますね。
今回はストルプマンに続いて再びカリフォルニア、今度はパソ・ロブレスのシラーです。
それも、前回のエンジェルの会社という合わせ技で。

757950386.jpg


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルの星柄がなかなかにカワイイ仕立てですね。
どっちかというとイタリア系が+されているような雰囲気です。
今回のものは前回のモンテスのアメリカ版。
アメリカからチリ、というケースなどはあるのですがその逆パターンですね。
価格帯はしかしコラボ系クラスの印象で何ともチリ勢の意地のようなモノを感じさせます。
アメリカの星条旗だけにスター、そしてモンテスのシンボルであるエンジェルという安直で案外危険な気もするネーミングにも注目?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
色はかなり濃い紫。香りに強くメロン、動物系の印象もあるがにくにくしくはなく高級な香水のよう。
粘度は高く、口当たりのスパイシーさからローストっけがバッチリ出ています。
けれども艷やかなニュアンスはあり、綺麗にブラウンシュガーとプラムがムンムン!
バニラの入ったベトナムコーヒーのような後味でまったりと〆ます。
余韻はコーヒー感がかなり長めに続き、そこそこに官能的です。
初めのスパイスのグッと来る印象と最後のコーヒー感に、先入観からかチリっぽさを感じちゃうかな~。

モンテススター


迫力だけではない、豊満で良く練られたワインだと思います。
ちなみに、正確にはシラー100%ではなくグルナッシュとムールヴェードルが少量加わってる模様(年ごとの違いはあるっぽい)

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
ちょっと高い感も拭えませんが……味わい自体は妥当にこのクラスだろうなと思います。
濃さだけだともっと安くてもありますが、香りの印象などは風格があります。
私は割りと派手系やイメージが湧きやすいラベルを推奨する傾向があるのですが、これは逆にシンプルで使いやすいタイプかな。
意味合いを込めた贈呈品にもいいかも。

同じアメリカでも、サンタイネズに比べると遥かに甘味が強く出ており、逆に同社のチリ・フラッグシップのフォリーエンジェルと比べると落ち着いた印象。
個人の好みでいえば、私はフォリーよりこちらのスターエンジェルのが同価格ならばオススメです。
これは原産の畑の違いなのかしら?
少なくとも、サンタイネズよりはパソロブレスの方が暑い地域なのは確か。チリとはどうなのかしら……
うーん、細かい研鑽とデータから検証出来ればいいのですが・・・
ともかく!
チリのスタッフがカリフォルニアでワインを作るとどうなるか、という一例としてわかりやすい結果の一本だと思います。
関連記事

| アメリカ | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/43-1b378c6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT