オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ギガル三銃士最新!あいつこそがロティの王様!! Eギガル・ラ・トゥルク2010

うぇるかむ!
唐突に思い出したようにローヌ!そう、これを呑んだのはちょっと感激でした。

YThzu.jpg

エチエンヌ・ギガル・ラ・トゥルク2010
ギガル三兄弟とか三銃士とかのソレです!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
貫禄の水玉様
デザインラベルの先駆けであり、先駆であり、ローヌ方面のラベル芸術力を牽引したのはやはり三銃士の中でも異色のこのラ・トゥルクだと思います。
HUvWD.jpg
ボトルの刻みとヴィンテージ巻きまでパーフェクトですよ。

作り手のギガルに関しては最早ググッてくださいと言いたいところ。
フランスの大統領がレジオン・ドヌール勲章を贈っていたり、パーカーたんが「アンピュイ村の舌にはギガルのセラーが迷路のように広がっているかのようだ」「一貫して驚くほど素晴らしい品質の生産者」とかなんとか言って何度も100点を出してたりするという。
一方で、格安ラインのローヌ広域モノの品質レベルが非常に高いのも流石の最大生産者という具合で、一貫して美味しいというまさにキング・オブ・ロティ。
とにかく品物の数が多い作り手でありますが、今回はその中でも最も知名度が高く人気もあるところだとは思います。
lgVRo.jpg
実際、私もこれを何時か呑むのは憧れだったりしたものです……
で、そんなワインどうだったかというと

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
まさしく、あいつこそがプリンス・オブ・ロティ
テニヌかよってぐらいにモンスターめいた存在感でありました。
ちょっと早のみしちゃった感は否めませんが、それにしたって強大なパワーを感じさせる一本です。
RpKSq.jpg
みよ、この濃度!

色はほぼ透けずバイオレット。黒という程ではないですね。
香りに強烈にベーコンの感覚、肉厚濃厚系シラーのオーラを遺憾なく発揮します。
スパイシーさよりも肉々しいのが目立つタイプですね。グッと凝縮感のある果実っけもあるんですが、とにかく肉。
味わいは思ったより沈む、ゆったりと壮大なスタイル。
酸もまだまだ強めでここら辺り早のみ感があったんですが、そうしたバランスを無視して鬼気迫るパワーを感じさせる仕上がり。
威厳のあるベーコン、強い紫の果実要素、葉巻感少々……などなど重たいワインだと初め感じさせるのですが、ふとオレンジの要素が見えてきてからが本番!
ベーコンがあぶられたように薫りはじめ、メロン感などのデザート(スイーツって軽さでなく)フルーツがアフターに感じられるようになってきます。
ヴィオニエが7%程度入ってる、というわりには強いボディなんですけれどもアフターの感覚は言われてみると混じってるかな~みたいなところですね。
味わいの変化度は結構高いですね。沈むような重たさから先が開けると絶品であります!
重たいだけでなく、しなやかできれいな余韻があるのでその浮上感がたまりません。
まさにプリンスの晩餐会、ないしお姫様のディナー。
最初こそあまりの豪勢な外観やディナールームに恐縮しちゃう訳ですが、ディナーが始まればもう迷うことなく美味しく美しく!!

コストパフォーマンス(最大5pt)
コスパで語るモノではないクラス(♥♥♥♥♥)
ファンがこぞって買っていますから、これはもうそういう人向けのワインです。4万もするとなるとガッカリワインも逆に増えてくるものですが、これは(品質状態がよっぽどダメでなければ)そういう期待値はしっかり叩きだしてくれる逸品でしょう。
プレゼントには最強級。どこに持って行っても圧倒的な存在感を示してくれる事この上ありません。
余裕がある人は当然、セラーで寝かせる事になるでしょうから、楽しみにしていてくださいね!

というわけで、ラ・トゥルク2010でした。
ギガルは比較的、ワインの質としてローヌの中でも重たい味わいを持つ生産者だと思います。
で、それが低価格帯でもあるので逆に苦手な人もいるんでしょうけれども、このクラスにまで来るとそうした要素全てが美味しさになってしまっててもう大変な訳です。
エレガントなスタイルでは(ラベルの割に)ない、肉厚なスタイルこそローヌという方はやっぱりココに行き着きそうです。

ラベルのためか、三銃士の中でも圧倒的人気のラ・トゥルクですが意外なお店に置いてあったりネットショップではまだまだ買えたり。

三銃士セットしかも1985年なんてのがありました。値段にゴクリ・・・・・・
関連記事

| フランス | 09:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/420-3bce9ff5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT