オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南アフリカのトップクラスシラーズの力とは? ハーテンバーグ・ストーク・シラーズ2007

うぇるかむ!
もうちょっと南アフリカでネタがありまして、やりきっておこうかなーと。

KgmnV.jpg

ハーテンバーグ・ストーク・シラーズ2007
南アフリカ版カルトシラーズです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルはカルトっぽい雰囲気の……アニメゲームヲタク的にはぐらしの鳴く頃にめいたラベル。
アメリカの某カルトに似てますね。
という以外は割りとラベル内で説明がついてまして
nGHLQ.jpg
親切丁寧な筋書きな訳です。
1961年発祥の南アフリカ系のカルトワインの一つにして、そこそこに評論筋からの評価も得ています。
PP91点獲得経験などがあるようなのですが、どちらにしても「イマイチ情報がない」タイプのワイナリー&ワインです。
なので、サクッと味の方にうつりますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
ド重たい系シラーズ!むしろ王道?
と、エレガントなシラーファンとして、改めて懐かしく感じてしまうような濃厚重たいシラーでした。

色はほぼ透けない赤紫。
香りにかなり魚系のタッチがただよっており、熟成感が出ています。
熟成濃度は高く果実よりもまず旨味の感じですね。
味わいも重たく渋いいぶし銀なスタイルになっています。
カツオなどのお魚感とギッチリした印象。果実とペッパーなどのスパイスの感覚はあまりないのです。
アフターは案外と疲れない・・・というのも酸味が地域性なのか聞いてるんですね。
この辺り、南アフリカ感があるなぁと思うのでした。
とにかくド重たいシラーズの王道、パワフルな一杯になっていました。
多分、澱も結構あったんじゃなかろーかと思います。
軽いワインなんてノーサンキュー!な人には抜群に効くだろう逸品です。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
8000円以上してくるので、面白みはあるもののお買い得感はないといえるでしょう。
むしろ、南アフリカでこの値段・・・・・・と尻込みされる方のほうが多いかしら?
かなりマニア向けの作品といえるでしょう。シラーが好きであればぜひともお試しいただきたいけれど、例えば高額めのワインを買いたい~という時に真っ先に薦めるタイプではないのです。
同様に、マニア相手のプレゼントには有効ですがそれ以外の方には素直にアメリカカルトの方がオススメです。

というわけで、ハーテンバーグストーク・シラーズでした。
これもかなり変わり種でヘビー級ボクサーめいた、力石がイノシシにのってやって来た!みたいなワインです。
性格はとってもいいと思うんですよ。こういう重量の効いたのが作れる、というのは南アフリカの強さでしょうか。

ネット上での取り扱いはほぼないっぽい?

南アフリカのシラーで最高値を探してみたところ、この辺りが今売ってる限りでは最高?安いと見るべきか高いとみるべきかはかなり謎・・・・・・
関連記事

| 南アフリカ | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/418-fa98a694

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT