オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

安旨ワイナリーの超本気シングルヴィンヤードの実力は? カテナ・サパタ・アドリアーナヴィンヤード・マルベック2009

うぇるかむ!
昨日はライトでカジュアルな一本でしたが、今度はグルッと戻ってアルゼンチンです。
っていうか、また、カテナ・ワイナリーです。

hhMqp.jpg

カテナ・サカパ・アドリアーナヴィンヤード・マルベック2009
かなりフラグシップに肉薄した、シングルモデルです!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥(個人的に+♥)
ラベルはピラミッド型のワイナリーを更に近影にして、何故か子供の描いた系ホラーな感じに。
なんでこんな微妙に怖くしたんだこれ・・・・・・
作り手は言わずもがなにカテナ・サカパ。
当ブログでは既にイチオシとしてマルベックと格安ピノを書きましたっけ
という訳で、そんなワイナリーのシングルヴィンヤードという訳で結構楽しみに飲みにいったのでした。

VNijV.jpg

このアドリアーナはフラッグシップに近いシングル・マルベックです。
ここでは「ニコラス」というのがあるのですがそれはカベルネ主体で「アルヘンティーナ」がマルベックのトップ。
これは100%のマルベックのアルヘンティーナに使われている畑のシングル版なわけです。
で、マルベックとしては世界有数の評価であり、今回のもWA97点という逸品になっています。
マルベックの皇帝の異名まで持ってるワインの片鱗、さてその実力といいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
極地のマルベックとは、とかくスムーズなのである
これが結論と言いましょうか。シラーと同じく、まろやかでドつくことも強すぎる事もなく流れるように入っていくカベルネの青臭さを抜かしたような綺麗さ。
これが上級でレベルの高いマルベックのスタイルかなぁと思わせてくれる一本です。
決して、安い!樽系!濃い!だけでないブドウであることを良く知らしめてくれます。

色は透けない濃いクロ。かなり強く黒い。流石カオールでは黒ワインと言われてた品種ですね。
香りに結構樽の印象があるもののスマートな感覚で、果実にほのかにカシスやブラックベリーなどがある。
味わいもやはりスマートそのもの。
そこそこに濃い印象がありながら、抜け方がスッっとしています。
バニラの印象がしっかりとあるんですが、コーヒーというよりはキンっと冷えた上級な(ハーゲンダッツより遥かに上な)バニラアイスを思わせるこの部分が最大特徴です。
そうした特徴もありつつ、抜けは凄くスムーズになっています。余韻が短いってわけではないのですが。
万能な形でエレガント。果実も各種紫果実などがありますし、バニラの強いタッチもあるのにアフターに全くもってくどさや雑味を残しません。
多分、料理との合わせやすさはピカイチかもしれませんネ。
それぐらい「濃いのに鮮やかでキレイ」を体現しているスタイルです。
逆に言うと、引っ込み思案かもしれません。特徴が激しくないのがある種の欠点。
引込み事案であまり意見も発言もしないボインな女子大生キャラみたいな。
あまりスター的な華々しさは無いとも言えますが、底力とボディの良さでガッツリ優良なワインです。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
その分、ここは控えめかもしれません。
9000円アンダーのワイン、ということでずっとデイリー体よりは高いですし生産量も少ないのですが、
「デイリーで充分堪能できないか?」
という気がしないでもないのです。
むしろデイリーのカテナスタンダードとアラモスのシリーズが凄く良く量産品の割に出来過ぎているとこの度改めて見直しました。
それらデイリーのファンなので、そうするとこの価格はちょっと高く感じてしまう。
マルベックの最高峰を知りたい方には、かなりオススメの逸品です。マルベックが持つ濃さと丸みを帯びつつ引けのいい質感を楽しめます。
プレゼント向けには多少地味かもしれませんが、ある程度のワイン通に送るのであれば「ハイエンドクラスのマルベック」というのはよっぽどブルキチでもなければ喜ばれる事は保証します。
または、結構高額なワイン会でお使いください。ブルゴーニュピノよりも滑らかでボルドーよりも品のいい質感に驚かれる、ハズ、多分・・・・・・

というわけで、カテナサカパ・アルヘンティーナ・メンドーサ・マルベック2009でした。
サカパはやっぱり良く作ってますネ!
アメリカのカルト系を目指している、という逸話があるらしいんですが、まさにそういう新世界系が好きな人にはオススメのブランドです。
上級の実力という意味では、あまり驚きはなかったんですが正当強化されてはいますからね。
あぁ^~、サカパはいいなぁ。

実はこのシングルはフラッグシップのアドリアーナを見つけるよりレア。

結果的に、年号によってはフラッグシップより今回のシングルの方が高かったりすることも。この辺りは動向を良くお確かめください。
関連記事

| アルゼンチン | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/410-c8550020

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT