オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブルガリアNO1ワイナリーの国際品種の実力とは? テラタングラ・カベルネ・ソーヴィニヨン2010

うぇるかむ!
いやー、昨日も壮絶な更新するする詐欺をしてしまいました……
なんかこう、日本のワイナリーで更新しようとすると手が止まってしまいまして……
「うーん、でもなぁ、これ面白いけどなぁ、コスパでは点数0点じゃないか手に入りづらいし?」
みたいな感じでウンウンしてしまいます。

という訳で、若干関係ある国のようだけど全く関係ない自分の好きなワイナリーで更新する事にしました。

kd5D5.jpg

テラタングラ・カベルネ・ソーヴィニヨン2010
当ブログで既に2回出ていますが、今回は初めて国際品種です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
ラベルは相変わらずサッシカイアのような太陽マーク。今回は銀色です。
以前にヤトラス・ルビンとオーガニック・マヴルッドを紹介しましたネ。
そこが作るカベルネ・ソーヴィニヨンです。
これまでの日本はこのラベル・ストーリー項目さえなければ最高評価をぶっちぎりでとってくるようなワイナリーでありましたが、「じゃあ、国際品種ってどうなん?」と思いまして購入。
値段ではヤトラス>今回のスタンダード>オーガニックとなっており、中途半端ながら2000円超えない価格。
もうあとはこれでも確認してくだしあ!
Wxu9D.jpg

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
うーん、マヴルッドやヤトラスの方が良かった、というのが単純な結論です。
やっぱりカベルネ・ソーヴィニヨンって品種が難しいのでしょうか。本当に美味しいワイナリーのカベルネはスゴいものの、それ以外はとかく感動的にならないよなぁと毎度思いますが今回もそれ。
それでも7つ付けようと思うのは、濃厚系カベルネの基準値はしっかりばっちり抑えてあるからです。

色はかなり強い赤黒。ガッツリ黒いです。酒石もかなりガッツリしています。
香りはバニラとカシスとアルコールの3点ガッツリ揃えました!という感じでしっかりしています。
バニラ系が強いのはスペインレゼルヴァっぽさを感じさせますネ。
味わいはこれまたガッツリ系。マヴルッドが感じさせてくれたナパ・カベ感というよりはそれよりもっと濃いので、良く見えれば超カルトを思い起こせなくもないんですけれど・・・・・・どっちかというと、ロバート・マクドゥエル・パーカー・ジュニアの推しスペイン系ぐらいの感じかなぁというところ。
パーカーたん、これ飲んだら多分アドヴォケイトで大宣伝するよね?

渋みが強めの仕上がりになっていて、舌に重たさが割りと残ります。
その質感がマイナスポイント。キャラメル感とカベらしいハーブとカシスといった要素はしっかりしており、同価格帯のアメリカテーブルワインよりもガッツリ濃いのが特徴的。
今回のバージョンは樽がしっかり使ってあるそうで、その分でキャラメル甘い感覚は増えているような気がします。
インキーな部分も存在していて、とかく強いインパクト。
作り自体は大柄であり、繊細ではなく歯にくる感覚ですが安っぽい甘さや弱々しい脆弱さとは無縁。
某レイヴンズウッドの「ワインはパワーだぜ!」の方針を地で行っている感がしますね。
その分、もしかしてもしかすると「熟成しちゃうのか?」と思いもします。
初日はタニック。それ以降、落ち着いて来てもガッツリ強めのじゃじゃ馬姫なワインです。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(+♥でもいい)
同社の地ブドウシリーズさえなければ普通に最高評価です
安旨ワインとしては、ここまでハズレはありませんねテラ・タングラは。
ただ、上述の通り、2014年8月現在での現行ヴィンテージの範囲ならば「買えるなら地ブドウ買っておこう」です。
カベルネの2000円アンダーとしては、バツグンに濃厚でチリカベだとかカリフォルニアのテーブル系とは一線を超えた戦艦巨砲主義なワインにはなっています。
なので、相変わらずアンチパーカー向けではありませんが、濃いワイン大好きな人は購入しちゃいましょう。
当ブログらしく艦これでいうと、山城さんぐらいには火力がある訳。他にいい戦艦がいるのが不幸だわ・・・・・・

という訳で、テラタングラのカベルネでした。
実のところ予想通りという気がしないでもないです。多分地ブドウの方が面白楽旨だとは思ってた。
ただ、それでも、それでもパワー系ワインとしては基準値には到達しているんだから、このワイナリーは一体何なのでしょうか?
うーん、補糖量が高いのか?ただ結構ブドウによって作り方変えたりするだけの余裕がある・・・・・・おそらく人件費はハンドピックにしては安いでしょうけど、それ以外にもここまで安く飲める理由があるのでしょうか。
自分、現在世界一ワインブログでここのワイナリーを高評価していると思いますが、故に疑っちゃうぐらい旨いです探偵小説好きなので。

ワインはパワーだぜ!

この2つは今年のバリューワインの・・・・・・品評会風に言えばダイヤモンドメダルに近い。

関連記事

| ブルガリア | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/402-9c361986

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT