オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

魂のジャケ買いワイン ボデガ・タマリ・AR・マルベック2011

うぇるかむ!
当ブログ立ち上げの時にもやっぱりワインを飲みながらだったのですが、今日はその時飲んでいたワインになります。
私としては、割りとチャレンジなアルゼンチンのマルベック。
近年大きく評価されている!なんて文句が地ブドウ各種の謳い文句のようですが、アルゼンチンのプッシュはこの品種です。

741009656.jpg

ボデガ・タマリ・AR・マルベックの2011年。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
完全にジャケ買いです(笑)
血をつけて指で書いたようなデザインにグッときちゃったのです。

TAMARI.jpg


作り手はそのままボデガ・タマリ。このタマリというのがネィティヴで魂という意味があるらしい。
エピソードとしてはなかなかに格好いいと思うのですが、ワイナリーとしてはまだ新参なのか日本語検索ではまるでひっかかりませんでした。
裏面の記事によると、ウコヴァリー(アンデス)産。
輸入会社のノートもなく、海外サイトを見たところ、この上位にあたるリゼルヴァ版はワイン・アドヴォケイトで89~90点を取っている模様。
こうしたデータの少なさの辺り、注目産地ではあるもののまだまだ見過ごされている地域だなぁとは思います。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥
色は特有の黒さですが思いの外透き通っていて、作りとしてはミディアムボディです。
香りからココナツやバニラの印象が強めで、味わいにもその印象が多分にありますね。
アルコール度数14%にしてはガブガブ飲むタイプ。
果実のブラックチェリーやプルーンの酸味は迫力がそこそこありますが、少し中抜けているかなぁ。
呑んだ直後の印象は濃いと感じるのにすぐに果実味はたち消えてココナツな余韻がじっとりと残る。
魂、というにはなんだろう……ひょろひょろ~っと漂う人霊みたいな感じ?
品種の良さも手伝ってか、日持ちはいい感じ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥
アルゼンチンマルベック経験がちょっと薄いのですが、1980円という価格だと若干キつめ。
味わいの頼りない印象が拭えず、どっちつかずかなぁって。
2000円前後だとイタリアやアメリカやスペインがアップを始めました。となるので選択しづらいかと。
ラベルやエピソードの格好良さに助けられていますね。軽い食事には向いているので、気兼ねないパーティーで飲むにはいいかな。

ジャケ買いすると予想外な味という典型例なのでした。
サイトを魂いれて頑張るぞ~と酔っ払うにはぴったりでしたけど。
関連記事

| アルゼンチン | 18:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

飲んだことのないワインながらすごく伝わってきます。しっとり腰を据えて飲むには頼りないけど、社交的な場で場を盛り上げつつ会話を弾ませようというときに、ほどよい存在感で三歩下がって黒子に徹してくれるような。

あ、ワインとは直に関係しないんですが、時おり出てくる女の子は看板娘さんです?

| Key | 2013/03/08 03:33 | URL | ≫ EDIT

keyさん>うぇるかむ!
かなりのデイリーテーブル向けのワインかなぁと思いました。
もうちょっと果実感があるとかなり良好なワインなだけに、ちょっと惜しいなぁって。
時折出てくる女の子は看板娘さんです?>>そーでーす!よろしくお願いいたします!!

| シンク | 2013/03/11 21:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/4-fc04e6f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT