オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルザスの伝説になってしまうのか? ヴァインバック・リースリング・グランクリュ・シュロスベルク・ キュヴェ・サント・カトリーヌ・リネディ!2011

うぇるかむ!
あっつい季節のリースリングインアルザス!ということでマルセル・ダイスを既にやりましたから今回はこちら

GBdT8.jpg

ヴァインバック・リースリング・グランクリュ・シュロスベルク・ キュヴェ・サント・カトリーヌ・リネディ2011
アルザスの3大醸造所のひとつですね。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
oR1k6.jpg
ラムウ(雷)
文字がダダダダーっと連なった情報量はすごいんだけど逆にわからない感じになっているのが圧巻ですね。
ヴァインバックは1612年にはあったそうで、その時のカプチン派修道僧が↑の方なわけです。
で、1898年にファレール家という方々がついで、現在はコレット夫人、長女カトリーヌ経理、次女ローランス醸造家で運営してた女性経営ワイナリーでした……

今年(2014年)の5月に醸造家のローランスさんが心臓発作でなくなりました。
フランス大丈夫なんでしょうか?名醸造家がボルドーやブルゴーニュ以外の優良生産地でも次々とお亡くなりになっているような。

今回のワインはその中でも上位キュベのグランクリュなリースリング。名前は上記のカトリーヌ女史からついてますね。
評論家評価は上々で、パーカーポイントは90点平均。
「アルザスファンなら、ここかフンブレヒトのどちらかがメルヘンの国アルザスで最も深淵なワインを作るのかで、何十年にもわたって議論するもんッスよ」
などと書いてる事もあったり。ネット調べをしてみても、アルザスにおける大推奨はマルセル・ダイス以上のように見えます。
また、リ・イネディット!とか書いてあるんですが、日本語直訳すると「未発表作品」で、今回のワインの意図はわかりませんでした。

これまた伝説のワインになっちゃうのかしら?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
5sT65.jpg
とてつもなく可愛らしい
萌え萌えキュンですよ。

色はかなりクリアで少しだけ黄色いかなー程度。
香りにかなり甘く白い花、グレープフルーツの甘味と酸味。オイリーさはあまりありません。
ドイツ系リースリングなどに比べると黄色い果実感が強いでしょうか。
味わいはとても口当たりもまろやかに、洋なしとグレープフルーツの味わいが出ており、蜜のような甘味が高くできています。
温度があがってくると花の香りや灯油っぽさが出てきます。
それでも甘さと石油の感覚は8:2ぐらいでとにかく甘いなぁと中間感じさせつつ、くどくない絶妙な余韻を展開!
甘さくっきり、アフターが見事なデクレッシェンドで長く音が響くのにサラッと〆ていく・・・まさしく高級な白の理想的なアフターなんですね。
温度によって味わいの変化がたっぷり楽しめますから、少し冷やし目でのサーヴが良さそう。
この若さでも充分に楽しめるスタイルの良さ。甘味の強さもあってワイン飲みなれていない方でも納得出来るキュートなアイドル的ワインです。
ことりタソ(・8・)

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(資産のある方はキープもあり)
ワイン慣れしてない人程、これを高級品のスタートにしてOK
一撃でメロメロです。慣れている人(高いのたっぷり飲んでるような人)にとってもメロメロです。
これで7000円前後であれば、シャルドネの高級品など飲んでいる場合では多くの人にとってありません。
よっぽど甘い酒はダメなんじゃ~!な人でなければ、その天然魔性のアイドル気質に参ることでしょう。
また、上述のとおり今後どうなるかわからないワイナリーなので、コレクションアイテムになる可能性もあります。
プレゼントには最適な部類で、ラベルからの厳かな感じがビンビンします(しすぎ?)から用途に合わせて。
早のみするなら冷蔵庫野菜室管理で扱いやすく飲める点もいいですね。

という訳で、ヴァインバックからキュベ・カトリーヌでした。
流石の知名度ワインって感じでありならが、まぁ1万円アンダーで買えるのは白ワインのいいところ・・・・・・いや、赤ワインが高過ぎるのかOTL
個人的には白ワインはSBやリースリングのがシャルドネより好ましいし、オススメしやすくあります。
スッキリした甘さ、というものの本質が味わえますよー。

とりあえず私が飲んだのと同じものっぽいのはコレ。コレはかなりいい感じ。

遅積み版とかもいつか検証してみたいなぁ。
関連記事

| フランス | 14:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/398-4ff7f9f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT