オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オーヴェルニュでピノ? カーヴ・サン・ヴェルニ・ル・ピノ・ノワール2009

うぇるかむ!
昨日の更新予定をすっぽかし、本日コミケ参戦する予定が
おもいっきり寝過ごしてすっぽかした
私です・・・二度寝はイかんのじゃ。
という訳で、サクッと更新してワインでも飲みにいこうかなって気分。最近飲んだフランス産ピノで

YQhum.jpg

カーヴ・サンヴェルニ・ル・ピノ・ノワール。
なんとオーヴェルニュ産のピノです(基本、ブルゴーニュというのがフランス産のピノ・ノワール種の主要地ナノデス。たまーにラングドックとか)

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
WNXlR.jpg
ラベルは下の方以外が真っ黒で「好きなようにナニカ書き給えよ」という安めワインにありがちなスタイル。
白いペンとか赤いペンとかでキュキュッと落書き出来る、というのがヘタすると最大特徴です。
オーヴェルニュというとミネラルウォーターのヴォルヴィックの生産地域っていう方がメジャーかもしれません。
田舎です。フランスの中でもド田舎ナノデス。
で、そんな地域の地元消費系協同組合ワインがこのワインになるわけです。
ちょっと調べきっていないんですが、多分現地だとコレ相当安いんじゃないかしら・・・・・・
リアルワインガイドで一度掲載された事もあったりで、結構在庫が各地にある模様なんですが、そんな安ピノのバックヴィンテージ(っていうか在庫過剰品)になります。
さて、その実力はというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
ド田舎だけど何となくミネラリー
ヴォルヴィック効果?

色は割りとスレてないカラーリングで意外と若々しい感じ。
香りは結構青臭さがあり、日本のワインめいた田舎っぽい空気感があります。
何となく、日射とかはまだしも土壌に恵まれていないニュアンスとでもいいましょうか・・・・・・
で、味わいもかなりワイルドになっていて草っぽさが強くエレガントさなどはなく、農園ほっくほく感のあるワイン。
甘味もそこそこあるものの、苦味の方が強く野暮たいおばちゃんって感じ。
なんですけど、嫌味はない。
しっかりと歳をとった田舎のおばちゃんなんですよ。いい人タイプ。オバタリアンでは決して無い。
そういうほっこりする雰囲気のワインでありました。

多分、どうにもオールド感が色味のわりに漂っていたので、市場に出回っている新モノは全然タイプ違う気がします。
でも、草っぽい構成や田舎っぽさは若くてもかわらないんだろうなぁ・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
1500円クラスのピノとしてとても普通だと思います。
私の大絶賛してるケース買いクラスと比べると(私の中では)ちょっと劣っちゃうんですが、この価格帯のシロップ要素はこの09年に関してはありませんでした。
ベタベタした甘さがないピノ、という点においてはしっかりとふまえていて、安旨として日本で輸入が続いているのは良くわかりますね。
ラベルも用途がありますから、何らかの形で楽しく使ってあげてくださいませ。

という訳で、カーヴ・サン・ヴェルニ・ル・ピノ・ノワールでした。
ブルゴーニュのニュイから外れると、途端に何故かのどかな農民感あふるるワインが多い気がしますね、仏国ピノは。
ブルゴーニュフェチがあんまり求めてない味ではあるものの、これはこれでいいんですね。
そんなに有名でない田舎にこそ旅の価値はあるというものなのです!
コミケ寝過ごしていかなかった人間のいう言葉ではありませんがOTL

多分、ですけれども新ヴィンテージのが美味しいんだろうなぁ

こりゃまた田舎っぽそーなロゼ!
関連記事

| フランス | 13:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/395-4251db07

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT