オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お手軽なメドック「熟成」ワイン! シャトー・ヴュー・ロバン1997

うぇるかむ!
今回は、熟成ボルドーをひとつ。手軽にぴゃーっと更新で、

gbNLL.jpg

シャトー・ヴュー・ロバン(ヴュー・ロビン)1997。
熟成したメドッククラレットですね。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルは典型的な門がまえなんですが、これがなかなかラフで可愛らし目で、何ともメドックらしいタッチ。
鉛筆画風になっているのはちょっとおもしろいかもですね。多少ぬくい。
こちらのシャトー、そこそこテーブルワインとしては名が通っていて、お値打ちシャトーとしてパーカーたんも
「あ、ここまぁまぁっすよ」
と評価していたりします。良くあるクリュ・ブルジョアという何ともふつーな、しかし名が通っていないわけでもないって感じ。

で、97年のボルドーって基本的にはバッドヴィンテージの部類であり、今回その蔵出しなのかインポーター出しなのかちょっと不明なんですがそこそこ出回っているバックヴィンテージの一本になっています。
そこそこの知名度の同人作家の総集編みたいな?
元々熟成をそんなに考えてなさそーなワイナリなのですが、果たして・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(オールド好きなら+α)
という訳で、味わいもそこそこなんですネ。
色はふちにオレンジが出始めており、中心も透ける少し枯れ始めめいたカラー。
香りに熟成からくる旨身出汁、燻製系のお肉少々、キノコ感も出ていて典型的といえる熟成ワインの香り。
香りの時点で結構レモン系の感じが見えてて酸化してる事はわかる感じ。
というわけですっぱ旨味が味わいのベースです。
酸味がコクキッチリありますが、同時に旨味だしとキノコ、それにほのかなナッツがあり、口当たりもバランス良く重たすぎず軽すぎずで案外と整っています。
実はこのワイン、12.5%とクラレットにしてはアルコール度数が低め。
それにバッドヴィンテージなのが手伝って余計に熟成してる感覚とヘンな雑味がなく仕上がっているっぽい?
体感、90年台前半ぽい気もする風化。
総合的に見て、熟成してる割に飲みやすくなっているのは良いことですね。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
それで2000円前後はエライぞー
という訳で、
「熟成クラレットこそ至高!まぁそんな金ないけどね!!」
「ワインって寝かせると美味しいっていうけど、ほんとなの?」
みたいな人にオススメ出来るワインになっています(後者はもっと値段がしてもっと古いモノを薦めたい気もしますが)
熟成ワインを手軽に飲める、というのはポイントが高いんではないでしょうか。
後はもう枯れるだけっぽい酸の強さなので、今買ってぴゃーっと試していただければと思います。
これに合う料理がササーッとできたら、バッチリレストランで働けますよん。
澱は私が買ったものに関しては少なめだったので、管理や扱いもオールドにしては楽なんではないでしょうか。
ほんと、気軽な明るい黒髪ショートカットお隣幼なじみみたいなワイン。

という訳で、シャトー・ヴュー・ロバン1997でした。
熟成ものなので個体差は結構あるとは思いますが、今回呑んだ範囲では値段分は楽しませてくれる逸品になっていました。
熟成クラレットのファンや興味を持ち始めている方にほんといいですよん。

これぐらいの値段なら、買い。今やボルドーなんて高すぎてなんともですし。

もっと昔は柄がよりカジュアルだったようで。分をわきまえている感じして良い。
[1992] シャトー ヴュー・ロバンVieux Robin

[1992] シャトー ヴュー・ロバンVieux Robin
価格:3,024円(税込、送料別)

関連記事

| フランス | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/386-c165eeb3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT