オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

流石は超人気シャブリのグランクリュ! ラヴノー・シャブリ・グラン・クリュ・ヴァルミュール2011

うぇるかむ!
ここしばらくドイツドイツドイツだったので、何というかフランス久しぶりですネ。
まぁ、若いシャブリなのでなんといっても夏向けですしって事でひとつ。

Pu5GT.jpg

ドメーヌ・フランシス・ラブノー・シャブリ・グラン・クリュ・ヴァルミュール2011
王道ですねー。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
シャブリで一番人気のドメーヌです。以上。
で思わずすませたくなるぐらい有名なラブノー先生。
シャブリの王道中の王道、もうシャブリといえばとりあえずラヴノーみたいな風潮があるぐらいに別格扱いを受けています。
パーカーポイントも上位品は100点どりも良くある話になっているという。
一級以上の畑のみを使い、ノンフィルタードでおおくりする最高峰。
その中でも今回はグランクリュな訳ですよ!ワォ!
wyGoH.jpg
絵柄も伝統的なシャトースタイルに飾り文字ですが、そこはかとなく風格を感じてしまいますネ。
あ、インポーターは
x8Ws5.jpg
こちらで。いくつかのインポーターで入れてたと思うので、日本での入手は入荷したての時は結構ドカドカーッと入ってたりします。
多分、妖怪ウォッチよりは入手簡単。ただ、オトナ買いされてなくなります。熟成後が真髄と言われているので。

で、今回はそんな「伝統的で超熟成仕様のシャブリ」をめちゃくちゃ早く呑んでしまっている訳ですが・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(熟成期待)
しかしながらさっすが!とイイたくなる見事な作りを感じますネ。
シャブリの特徴的なミネラリーな塩っぽさに、果実が良くなったスタイルで複雑って感じナノデス。
色は結構ッキ色さがあり、しかしクリア。
香りは柑橘系各種がズララーッとならぶようで、そこに塩がのっかります。
ソルティドック?いえ、それよりもっと果実感がゴージャスな訳です。
味わいもその香りまま中心にして濃厚さもそこそこにサッパリとしたアフター。
黄色い柑橘の感覚がグレープフルーツやら日本産柚子やら感じさせとても爽やかなんですね。
そこにまろみや塩っけが入る事で甘さだけでなくしまりがある、という贅沢な味わいになっています。
クリーンで濃厚、を地で行くワインになっています。
ただまぁ、熟成した方がいいワインだろう事はこうしたミネラリーさから伝わってきますね。
うーむ、ここはやはりオールドヴィンテージも試したいかも。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥(ただし保管環境があれば♥♥♥♥♥)
2万円を超える白ワイン、と言われると感動がちょっと薄れるかなーというか、私がそこまでシャブリファンでもないせいか、当ブログとしてはこの項目あまり高くつけない感じです。
爽やかシャルドネって他国も結構頑張っているのもあって、相対的にそこまでは感動しなかった・・・というのが今回の感想。
無論、若さゆえかとも思いますけどネー。そこは仕方なし、でしょうか。
ただ、保管環境があれば、今も世界で取り合いのラヴノー先生ですから保管価値はあります。
ブルゴーニュはまさに!値上がりの波を受けているので、数十年後の世界環境次第では結構良い値になるかも?
フランス礼賛が続く限りは、フランス産はほとんどの地域が投機用値段補正がついていて、ラヴノーなどの長期型は特にそう。
なので、セラー管理がしっかり出来る方向けといえるでしょう。

という訳で、ラヴノー・シャブリ・グラン・クリュ・ヴァルミュール2011でした。
いいお値段がしちゃうシャブリ、としてその風格自体は感じさせるワインなのは間違いなし。
各地で「こいつは呑んでないと始まらないぜ!」みたいなワイナリーがありますがその中のひとつとして、確かな実力を感じさせます。

11年はまだネットショップでは広まってなさそうですね。直近は逆に品切れやすいという

熟成しまくったのが売ってたりする辺りラヴノーパワーやんな。多分価格は発売当時の5倍以上よね・・・?
関連記事

| フランス | 09:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/384-eac4128b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT