オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たまには日本酒・・・の中でもジャケ買いしたい! 三芳菊wild side等外米袋吊り雫酒斗瓶囲い無濾過生原酒

うぇるかむ!
今日はちょっと酔っ払いですし、何時もどおりにキッチリ作れる自信がなかったのでこんな感じに

XWwen.jpg

三芳菊wild side等外米袋吊り雫酒斗瓶囲い無濾過生原酒・・・
ドイツより長い!!!!!!!!!

という訳でジャケ買いしたこの日本酒、袋吊り式のにごり雫のみを使った日本酒になっています。
製法としては一番大変な作りで、ワインで言えば超本格ビオ・ディナミの更に醸造方法がフットプレスでグラヴィティスタイルみたいなそういう手間があります。
等級米をしようしてないので価格は安くて1200円前後。ワインでいえば、ヴァン・ド・ターブルぐらいのモノといえるでしょうか。

そういった意味でラベルもポップだし「ワイルドサイドを進め!」みたいなロッキンな文字が踊ってるしで、味自体には期待してなかったんですが、
結構衝撃的なパインニュアンスの生酒!
香りの注いだ時のフルーティーさはグラスに注いでしっかり感じられる強さなのがまず1点。
それでいて、香りは日本酒にしては珍しいパイナップルの酢漬けのようなニュアンス。
この独特のパイン感が味わいにも如実でキュッとしたタンニンめいた舌の締め付けを感じさせつつも、お米の甘さと栗きんとんめいた独特の風味でアフターまで〆ます。
かなーりクセの濃い日本酒で、スッキリとかのどごしとかでないスタイルで、キャッチーでパンチの効いた味わいでございました。

これだけカジュアルなライスワインがある、というのが日本でワインがはやってない最大の理由(ビールもね)だと思うんですが、それを改めて感じさせる可能性度の高い日本酒でした。
それでもワイン派なので、ワインの汗をかくほどの衝撃はないにせよ・・・コスパでは勝てる自信がないOTL


クセがめっちゃくちゃあるので、藪から坊に触らない方がいい、ゼ

しかし、それが等級米になってもこの値段なんだから、日本酒は安い。村名で5万超えるルロワとかWHAT?って気分にもなります。
関連記事

| 未分類 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/383-0a524d7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT