オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワールドカップ決勝にいかが? テタンジェ・ブリュット・レゼルヴ・ワールドカップボトル

うぇるかむ!
前回のグルコミレポ記事がえっらい人が来てて(一日でうちのブログ177人!ぶっちぎり!)大変人気なのがわかりました。
で、その帰りにまさにシーズンモノを呑んでたのでその更新をと・・・・・・え、グルコミの後呑んでたのって?
ワインは別腹

201407080850342ef.jpg

テタンジェのワールドカップボトルです。
完璧なお祝い用シャンパーニュですネ。まぁ、フランス負けちゃったんですけどネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥(ワールドカップが終わると一気に♥)
もうラベルの通り、今年のワールドカップモデルになっています。
テタンジェ、といえば言わずもがなな有名シャンパーニュでもう説明もめんどいなーぐらいの存在のひとつ。
しかしながら、よくよく考えてみたら当ブログってワインに興味だけでなく、グルコミやラブライブから来た人も多いと思ったので、改めて簡単にシャンパーニュとテタンジェの解説~

・シャンパーニュ(シャンパン)とは「フランスのシャンパーニュ地方で作られた特定の条件を満たしたスパークリングワイン」である。
・よってたまーにいるけど、泡がたってたら何でも「お、シャンペン!」とかいうオッサンは間違いなのである。
・1734年設立・・・日本でいうと徳川吉宗が将軍やってた頃!!フランスのレセプションにも用いられる事は有名。
・色々な逸話やエピソードはそれだけでブログの量と思えぬモノになるので「テタンジェ」でググレ(結局投げる)
・今回は一応FIFA初の公認シャンパーニュらしい(ほんと?)
・ちなみに通常版と中身はかわりません。このテタンジェというメーカーでは下位のスタンダードモデル。
・パーカーポイント90点とふつーな評定(業界ではよくも悪くも有名なオッサンのメルマガの点数)

20140708084914db2.jpg
裏もバッチリFIFAって書いてありますね。
そんな訳で、ドがつくほど有名かつ期間限定で価値があるのですが、この期間が終わるとドッと値下がるだろう事も周知済み。
いつ買うの?今でもないでしょ!
という人と正統派に今でしょ!な人で二分しそうなラベルと戦術であります。映画祭とかの方が長らく好まれそうですよね。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
泡立ちはなかなかなのではないでしょうか。
20140708085036ffb.jpg
クセのないシャンパーニュといった感じで、すごくスタンダードな味。
驚くほど普通。バランスがいい、といえばいいですね。

色はそこそこの黄色さに泡立ちも写真の通りまぁまぁの部類。
香りはバタ感と柑橘が控えめに感じられ、ちょっとだけミネラリーさやソープの感じも。
チョコ要素もあるにはありますが、例えばクリュグやドンペリにあるようなキツいビターチョコのような感じではなくもっとミルクチョコ的でナチュラルでした。
味わいは上記の通りバランスのいい作りになっていてその分特色も感じられない仕様です。
バター、チョコ、柑橘類、それらシャンパーニュにある味わいの要素が全部感じられ、またどれも平均値にいます。
オール3っていうんでしょうか。
良く言えば、高級ヘッドフォンの凄くナチュラルに音を出すタイプ。悪く言えば平坦。
クセになる要素があんまり無いシャンパーニュだとは思います。メゾンごとの打ち出し方ってシャンパーニュの場合差があって、そのなかでもスッキリしているのが特徴。
料理にはむしろ合わせやすい泡に仕上がっていると思います。ブラジル料理に対してもサッパリさせてくれるんじゃないでしょうか。

コストパフォーマンス(最大5pt)
買い方に大きく左右される!(味と現在の平均値だけなら♥♥♥)

まず、ラベルがラベルなので、安くなるタイミングがありそうな事が1点。
次に、テタンジェの場合輸入元が多い事が1点。
そして最後に、購入するあなたのワインレベルが1点。
以上3点が複雑に絡み合った上での購入が必要だと思います。ワイン勢ってめんどいネー。
ラベルについては先に書いてのとおりなので、いつ買うかによって大きく値段が異なるでしょう。
シーズンモノなので、普通のボトルより割安で買える可能性を信じれば、掘り出し価格に巡り会えるかもしれません。
また、箱の有る無しもとても重要でワールドカップ合わせで呑みたい人にとっては箱つきで買いたいモノです。
この辺りの機微をゲームする必要があるのです。ワインの中でも買うタイミングが面白い部類だと思います。
次に、輸入元が多い点。私が知るかぎりでも3社ぐらいテタンジェは輸入している超大型メゾンです。
で、輸入元によって指示や輸入時の輸送方法、またその価格帯が変わってきます。
このワインぐらいならば1000円差ぐらいのモノですが・・・・・・まぁ、1000円も違ったら重要ですよね?
これら差については、実際にネットショップを「私なんぞの目を頼らずに」見てみるのがオススメです。5000円ぐらいから7000円まで、今の段階でも差があるのですから。
ワインマニアにとっては「輸入元の信頼度」って実は凄くあって、そこは好みで選んでいただければと思います。
ワインマニアの輸入に関する議論って案外深くなるのデス。エOテカはダメとか逆に大手だから信用するとか高いとか色々・・・・・・
最後に、ワインレベルに関して。
これを読んでいる貴方がもしも「ワールドカップのお祝い用に」と思うのであれば、今すぐ箱つきを注文するべきです。
それは値段を惜しんでいる場合でありません。今ならば決勝に間に合います。
問題は「ワイン好きであり熟成を考慮する場合」であります。
これら期間モノに関しては要するに「寝かせるかどうか」に大きく左右される訳で。
その意味で「ワールドカップラベルだと、いつ頃販売されていたモノかわかる=熟成期間が測りやすい」というメリットがあります。
驚くべき事かもしれませんが、ワイン界隈においては「スパークリングの古酒が絶品」というドロ沼にハマっている人が世の中に存在するのです(ビール界隈だったら考えられない事だと思います)
ちゃんと自己管理出来るのであれば、その意味では通常版の方が買いでしょう。
将来の投機、としてみた場合・・・・・・意外とイベントワインって値段があがらない様子なので、考慮にいれる必要はないです。
ならば安売りを待つのがいいでしょう。
こうしたイベントワイン、かつそれなりにレベルを感じさせるモノは、その買い方一つで面白いのがいいですね!

という訳で、テタンジェのブラジルワールドカップボトルでした。
これについては「いつ買うか、ダレが買うか」が面白いモノだと思います。
もちろん、安く状態のいいものに当たる事を願うばかりですが、良くご考慮くださいませ~健闘を祈ります!

楽天最安値?ただ、どこ仕入れかなども加味したい通にとっては不安よネ。

お祝いでパーティーするならマグナムっすね。
関連記事

| フランス | 10:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/360-842132f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT