オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドイツの頂点、最強シャルツホフベルガー使いの実力!艦これ好きにもいいかも? エゴン・ミュラー・シャルツホーフベルガー KAB

うぇるかむ!
ドイツ更新二回目も超がつくほど大物でまいります!シュペブル推しといいつつ、ここはやっぱりすごかったので熱があるうちに更新!

J3KWE.jpg

エゴン・ミューラー・リースリング・カビネット2012
ドイツといえば!な代名詞第二弾です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
壮大に筆記体
ちょっともう何書いてあるのかわかりづらい域に達していますが、シャトーなどからエゴン・ミュラーだと「判別するべき」存在感がこのワイナリーにあります。
作り手はエゴン・ミュラー・・・現在は4世が作られているそうで。
この4世、各地でワインの勉強をしており、また継ぐ前までは宣伝部長も兼ねていたようで日本にも滞在が多くジャパニーズペラペラーノなんだそうです。会ってみたい。
エゴン・ミュラーの最大の特徴は、ドイツのグランクリュと呼ばれている「シャルツホフベルガー」という畑の一等地を持っていること。
ドイツに5つだけあるオルツタイルラーゲ(特別単一畑)のひとつに指定されている畑で、それと伝統生産者という最強タッグな訳です。
前回のゲオルグ・ブロイヤーが「ドイツワイン派なら当然の存在」ならばエゴン・ミュラーは「ワイン好きならドイツ代表として知っている」というぐらいの知名度・・・
っていうか、ドイツのワイナリーここしか名前しらない人も多いのでは?
さて、それほどの人気を誇るワイナリーのカビネット版最新2012の実力というと・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
確かに偉大。
リースリングってこんな美味しかったんだ!というバランスです。
色はほぼ透明に近いぐらいで日本酒の超純米吟醸みたいな感じ?
香りはアオリンゴをベースとして、結構オイリー&アルコールな印象も。
フルーツと花の要素がかなり多く存在していて、梨やメロンなどの黄緑系の果実のタッチが繊細にありつつまろやかな香り。
味わいも蜜リンゴのような甘さと酸が良く馴染んでおり、とてもフルーティー!
それでいてオイリーさが感じられる作りになっています。
口当たり自体はとても軽やかだし、作り方がカビネットという技法なのでそんなに甘すぎるハズもなく、そもそもアルコール9%なのですが味わいは濃厚の・・・うーん、ちょっと違いますかね。
濃厚、というよりは存在感があるというか。む~、難しい。
洗練とされたスタイルがあり、華やかな香りとオイリーなクセになる部分が見事に共存した一杯でした。

で、何かタイトルに「艦これ好きにも」と書いたのは
女性キャラが活躍するロボットアニメが好きな日本人はこういうの好きですよね?
と思うノデス。
女性的といっていい綺麗さと、メカメカしいスタイルの同調なんて、完璧に艦これだとかシンフォギアだとかストライク・ウィッチーズだとかの近年主権をとるアニメの特徴である「女の子+メカ装備」の図式ではないか?と。
その中でもオイリーさが目立たずに美しくアルコール度数も少ない・・・・・・
もしかして、今、ワイン界としては人気が衰えているドイツがやるべき方向こそが「アニメオタクに推す」なのでは。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
こちらで8000円前後。最高峰の個性を様子見るなら妥当性を感じられるかもしれません。
2012年がちょっと値上がりしてるので、他の年号ならばも少しお安く買えるかも。
知名度バツグンの生産者なのでプレゼントにぴったり・・・とは言い切れず、扱いが若干大変そうなのと好みがわかれやすい味わいなので絶対のオススメが出来ません
(同系統なゲオルグは推奨してたやん!と思われるかもしれませんが、あっちはラベルデザインで秀でているノデス)
という訳で、もしプレゼントに使うなら今でしょ!夏ワインとしてどうぞ。
自宅で飲む場合、料理は良くご思考ください。
これに関してはドイツワイン負の宣伝文句(持論)である「日本食と合う」が適合!!

という訳で、エゴンミューラーからカビネットでした。
流石の世界レベル。ナイス世界レベル。
このクラスの人気生産者さんって、リースリングの特徴のなかでも果実感の方を表にだすように作られているのかな?となんとなく感じています。
つやっとした質感とファクトリーっぽい空気感の同調。
それが苦手、という人も一度ご体験くださいませ。リースリングが目指している形ってこんななのかなーとおぼろげに思えます。

私の飲んだ12年はネット上売り切れ?ただ11年はずいぶんと安い・・・

32号対水上電探
関連記事

| ドイツ | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/357-16265cb3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT