オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ノベルティ目当てがベスト?カリフォルニアのテーブル感 ブラックストーン・ワインメーカーズセレクト・メルロ2012

うぇるかむ!
更新難航してました。ちょっと「どのワインで更新しようか、特集記事をどうしようか」などというどーでもいいような良くないようなところで悩みに悩んでしまってまして・・・
という事で、先週まで「アメリカカルト」が続いたので本日は「アメリカテーブル」であります!

y2g6i.jpg

ブラックストーン・メルロ・ワインメーカーズセレクト・カリフォルニア2012
そう、カリフォルニアワインです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルは何というか普通といいますか、アメリカテーブル系のスタンダードといえよう見た目だと思います。
ここまでだけであれば当ブログ的には♥♥もワンチャンスなんですが、このワインのウリは
「年間販売量・年間売上量・W&S誌飲食店ランキング部門一位」
という部分。
ようするに、メリケン好みのテーブルワインのストレート
な訳です。カードゲームにおける有力コモンみたいなモノですね。ラノワールのエルフとか、ザクとか・・・
作り手は現在、ロバート・モンダヴィやらシミ(服のじゃないよ!)やらフランシスカンやらが所属しているコンステレーション・ブランズの傘下ワイナリーとなっており、もうテーブル道の覇道を行くワイナリーです。
作り手は何人か代替わりしているみたいで、現在はレーヴェンズ・ウッド頑固オヤジのお弟子さんみたいですね。
後はブドウがたくさんの産地から用いられており、「セントラルコーストと名前は激似だけど全くレベルが違う大量生産用産地ことセントラルヴァレー」のブドウは使っていないのが自慢だとか。
それが実際に成果をあげているのかどうかといわれますと・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
めっちゃカリフォルニアテーブルワインだ・・・
甘い!とりあえず甘い!
しかしながら、ひたすらに甘いだけで終わってもいない辺りはいいですね。

色は薄めに赤紫。エッジなどもなく如何にも新モノ感あふれる感じです。
ともすればボージョレ?とまではいかな・・・いや、ヘタするといくかも。
顔rはイチゴキャンディ感マンマンでバニラと甘い砂糖キャンディー。
何かさっきからボージョレの記事かな?みたいな状態ですが、味わいはしっかりカリフォルニアの安いワイン感。
果実の感覚はチェリー、プラムなどが香料的にわかりやすくシンプル。
シロップのような甘さが主体になっています。
が、口当たりはメルロらしくまろやかで飲みやすいのが印象的ですね。
そのためか、かなりドリンカピリティなワインになっています(数日前の私がついつい飲みつぶれていたように)
案外と素朴に酸があったり、しっかり飲んでいくと渋みなども見えてきてあったか産地の甘さだけのくどいタッチではないですね。
苦味がなく、実にアメリカ人好みのテーブルワイン!二日目三日目も最後までそうした要因が変わらない点もテーブル的でいいのです。
上記で産地のバラ気がどう出ているかについて書きましたが、結構散漫として芯がないっちゃーないスタイルと、その普遍性の万遍ない感じに出ているんじゃないかと。
多分、ボトル個体差は相当少ないハズです。コルクもプラだったし。
ようするに、ワイン慣れしている人にとってはイマイチかとは思いますが、「ワインは渋くて旨味がない」と思っているワイン飲まずの人にこそ一本飲んで欲しいタイプ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥(基本的には)
1500円ぐらい、と言われてしまうと「もうちょっとお値段出すとグッと良くなるよ!」が正直なところです。
低価格帯2000円の壁には完全に阻まれております。
また、このぐらいの価格でクラレット系葡萄なら先週なども紹介してきたチリテーブル価格帯の方が遥かに本格派。
なので、たまーに飲みたくなるこうした甘ーいキャンディ・ワインを飲む場合の選択肢にどうぞ。
または本気のワイン初心者さん向けです(当ブログにラブライブでフラッときちゃった方とかネ)
ガバガバと日常消費しちゃいましょう。

で、普段なら終わるところなのですが、私が今回このワインを買っちゃった理由って
n0URC.jpg
クーラーバックがもらえたから
lDebH.jpg
素材自体は高級感別にないんですが、ワイナリーのロゴがそこそこに可愛い。
ワイン格納用部分とマジックテープのワンポケット。ワンポケットあるの、ポイント高くてワインとか入れても薄いおさいふやスマホぐらいならここに入ります。
また、黒と肌色を基調としたカラーリングはシックで、チャック部分とか肩紐用にアクセントでブラウンが入っているのはセンスいいと思います。アリです!
vedAt.jpg
わっかりづらいですが、中。こんな感じですっごい簡単な作りのMade in China。
保温性はあまり期待しないほうがいいでしょう。多分脆いの。
ビニール手提げよりは保護力があり人肌と遠いから週末とかに徒歩でワイン買いに行くのには便利。
4本用ですが、このめっちゃ簡単なダンボールめいた中敷きを外すと
5iEAl.jpg
こんな具合にでかバッグとして普通に使えます。ワイン雑誌、パーカーの厳選評価世界のワイン、漫画本とか余裕余裕!
敷居がないとちょっと型崩れしやすいので本格的アキバ戦士には向かないけど、コンビニで買った飲み物は長らく冷えてくれるし簡単な買い物にはいいのではないかと。

という訳で、ブラック・ストーン・メルロでした。
ワイン自体はあくまでもカリフォルニアテーブルの範疇です。模範、よりちょっとおいしいぐらい。
なので、この手の商品はオマケ目当てがオススメです。
ちなみに私、この商品ではないですが、別のワインのオマケのソムリエナイフとかエプロンとか愛用してます。
そういう買い方、実はオススメ。

上記のバッグはここでついてます。他の店はどーなんだろ?

シュタインズ・ゲートの関連商品の中でもバツグンに好きなんです、スライトフィーバー。
関連記事

| アメリカ | 10:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/355-24b13f98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT