オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ド大手も舐められない!?モンダヴィ系列チリの底力 カリテラ・トリビュート・カベルネソーヴィニヨン2011

うぇるかむ!
久々にイタリアワインを飲みに行きつけのお店に行ったら、見事に酔っ払って帰ってきてしまいました・・・う、ちょっとまだ頭痛い。
さて。
連日、超級カルトが続きましたので酔い覚ましに一本凄くかるーいのを。

DiGt6.jpg

カリテラ・トリビュート・カベルネソーヴィニヨン2011
チリでございます。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルが(ちょっとやすっぽい気がしないでもないですが)木に色付けがされている実物案外と可愛らしいデザイン。
説明は非常にわかりやすく、表出していますね。
今注目な「チリのシングルヴィンヤード」になります。そのほかの情報も裏ラベルがガッツリ書いてある訳で
BYvRg.jpg
といった感じ。
そして何よりびっくりするのがアサヒビールの文字ではないかと
そういった訳でド大手アイテムになるわけです。
元々の発端もこちらのワイナリー、チリの大手とモンダヴィのコラボワイナリーで、「セーニャ」というそこそこ有名な高級チリを作っていたところ。
今ではモンダヴィが未関与になった(事業仕分けと権利移譲を本家モンダヴィがやった辺りで手をきられた感じですね)みたいなんですけれど、そのためか提携がド大手なのではないかと。
私自身、普段なら手を伸ばさない感じなのですが

こちらのショップの「比較有料試飲」に私も参加しちゃってまして、その時に私も評価を高くつけてついつい一本買っちゃたのでした^^;
という事で味わいの方は・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
ボルドーっぽーい!ぽいぽい!
なんだかメドックワインっぽさがある形になっています。
色はギリギリ透けない程度の赤紫。香りはカシスなどの果実を基本としていて、それほど複雑ではないものの少しのバニラ感があります。
葉巻やスパイス少々。
香りの段階ではまぁ新世界っぽいなーという具合なのですが、味わいは良くも悪くも地味に堪能させてくれる少し冷涼で暗めの味わい。
カシス、葉巻などのスモーキーなタッチ、まとめる程度にバニラが感じられ甘さは控えめにそこそこタンニンがあるんですね。
とはいえ、タンニンが強すぎてアカンで工藤!ってならない。必要性のあるタンニンぐあいで、余韻までチープにならずにしめてくれます。
高級感自体はあまりなく、ハーブ要素なども薄めではあるんですけど、カベルネワインとしてはしっかりと出来上がった一本。
飲みくち自体は良く出来ていて、後腐れがない辺りはド大手らしいといえばらしいかも。
しっかりとしたまとまりのいいカベルネ、で飲みやすいという(その飲みやすいが甘さに頼ってないあたりがいいですネ)

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
それで1500円よりちょい上ぐらいなので、かなりお得さがあるワインになっています。
チリ低価格の実力を改めて感じさせられてしまいますね。テーブルワインにとかくピッタリだと思います。
私がワインを始めたほんのちょっと前ってチリワインって葉巻くささというか「チリっぽさ」がキつくて受付なかったんですが、それは私が慣れてしまったのかそれともチリのヴィンテージが最近絶好調なのか・・・・・・
お肉もいいのですが、多少しっかりと味付けした煮魚もいけると思います。

カリテラ・トリビュート・カベルネ2011でした。
チリのシングルヴィンヤードは「安いけどまとまりがあるワイン」として相当実力高いのではないかとつくづく感じさせられますネ。
それも大手ですら、なのですから意外と天国ですよ。

まぁ、こんな感じの送料無料とかの中に加えてあげると良いのではないかなーって

ちなみにフラッグシップは戦艦クラス。
関連記事

| チリ | 04:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/348-0bcba06b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT