オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

くつがえせ低評価! デュルフォール・ヴィヴァン09

うぇるかむ!
ボルドーの中でも最も有名なのがメドック格付け。
全5階層中、2級は特にマルゴー村とサン・ジュリアン村にサン・テステフ村のトップクラスワイナリーがひしめく階級です……
が、2級のマルゴー村は比較的低評価なものも多かったりします。
その中でも批評家に低い評価をつけられていたイメージが非常に高いのが今回のシャトーです。

2013-03-19 19-47-47-795


デュルフォール・ヴィヴァン。
その09ヴィンテージです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)

ラベルはどことなくファンタジックな雰囲気のシャトー全景。
如何にも古典的なワインという印象を受ける感じです。
立地はマルゴー村の入り口付近で北にはマルゴー、南にはパルメという大人気シャトーに挟まれています。
更に一時期は一級のマルゴーにもブドウが使われていたとかいないとか……
その為に1995年に現オーナーの手によって、改めて「デュルフォール・ヴィヴァン」として復活したそうです。
――逆にいうと、周囲があまり良い印象を持っていない場所と言えるのではないかと。
批評家の論評もあまりよろしくはなく、今回の2009ヴィンテージでパーカーポイント89点。
また、とある国内の高級ワイン専門オンラインショップが唯一取り扱っていない2級シャトーだったり。
ワインについて詳しいというより勉強している人程、あまり印象が良くないアトモスフィアのワインみたい。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
正直なところ、結構いいと思いました(小学生並の感想)
色はかなり濃い紫で透け感が全くない。
香りにペッパーやカルダモンのようなスパイシーさとほんのりとプルーンが。
最初の口当たりは少し渋みを強く感じますが、しっかりこなれてくるとトリュフやボリュームのあるチェリーとカシスの印象。
クリーム感は程々に抑えられており、マルゴー系らしい口の中での広がりの良さ。
結構エレガントでもあります。あまりパワフルではないというのは評判通りでしょうか。
古典的な作り、というのは成る程な印象です。
少し薄口なマルゴーというか、スパイシーさが目立ち最初の口当たりが堅いのは評論家から得点は得づらいかと。
09年という良年で比較的私が若いボルドーも飲める人間なのが加味されてはいますが、評判の悪さはまさにブランドイメージではないかと。

ヴぃヴぁん


コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(5000円程であれば)
2級で5000円近く、というのは現行の価格だと明らかに安すぎます。
10年以上前の価格据え置きですか?みたいな価格です。
これは上記の評価の恐ろしい低さに起因するのですが、そういう意味では妥当であり良心的価格ではあります。
特にマルゴー村系列に見られる味の広がり方は保持しているので、例えば
「ソーシャルゲームのイベントSR揃えでいいや」「ガンプラはHG(プラモデルとしては安すぎないライン)でいいや」
というぐらいの人にはぴったりオススメです。
ただし、繰り返しになりますがワイン通への贈り物にするとあんまり良いイメージもたれないかも。

格付けシャトーのように有名になると逆に悪評がつくというのも人間的ですね。
このあたりのイザコザも含めてワインは面白い!と私は思ってます。
確かに超感動全米が泣いた!ってワインではないのですが、しっかりとマルゴーなワインですよ。



関連記事

| フランス | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/34-b07852a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT