オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ソノマカルト!譲り受け畑から作るド直球カリピノ! リヴァースマリー・スーマヴィンヤード2012

うぇるかむ!
アメリカワイン試飲会に行ってまいりました。楽しかったです(小学生並の感想)
いや、本当にスゴいラインナップだったもので今も信じられません。
サイフの寒さは更に信じられない
さておき。
今回はその中から、ソノマピノのカルトどころをいこうかなと。

arrgC.jpg
リヴァース・マリー・スーマヴィンヤード・2012
そこそこにカルトなワインになります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルは一見するとちょっとスペインよりな・・・・・・若干やすそうにも見えますね。かわいいんですが。
このあんまりこだわってなさそーなラベルのトリさんがすごい訳なんですちゅん(突然のトリ語)
作り手はトーマス・リヴァース・ブラウンという超有名作り手。
日本ではあまり有名ではないもののシュレイダーやらハンドレッドエーカーやら元ターリーの片腕だったりで、所謂売れっ子ワインメーカーです。
それらはカベルネだったりジンファンデルだったりする訳ですが、奥さんのジュヌヴィエーヴ・マリー・ウェルシュさんと二人の名前を冠したこのワイナリーはピノの専門です。
ソノマピノ特化でメーリング系の頒布といういかにも~な感じになっています。

kYlYK.jpg


このスーマヴィンヤードというのは譲り受けられて作り始めた畑なのだそうで。
まぁ、その元々がウィリアムセリエムに卸してたとかいうらしいんですが・・・(監督が変わってく人気特撮やアニメシリーズみたいな感覚でしょうか)
この畑で2010年にはPP92点。
カルトらしさバツグンの経歴ですがその実力とは・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
実にソノマピノ!
こちら若木バージョンのモノで、別にオールドヴァイン版があるらしいのですが、なんともそれらしくチャーミングで元気いっぱいの仕立て。
色は結構ぽったりとした赤さでそこそこに濃い目。香りはジャミーで温かいタッチ。
チェリーのジャムにゆったりとした茶葉数種類のブレンド。酸などはあまり目立たずにグルナッシュめいてすらいます。
味わいはそれでいて、意外と口当たりは硬質なのは驚かされますがそれは果実がしっかりしているという事なんですね。
果実感は前日の大きめのチェリーや少しイチゴ、それらとバニラ系のミックスアイスという感じでしょうか。
アフターはゆっくりと茶葉っぽさが出てきます。それも酸やタンニンは少なめ。
全体にほのぼのとして飲みやすいカリピノ象徴のような味わいですね。
こう、「あぁ、カリピノが呑みたいわ~」という時にぴったりなワインになっています。
その分、奥深さのようなモノやミネラル感はありません。早のみ向けかも。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
2012年はカリフォルニアの良い年。それもあってかはたまた普通になのか8000円中盤の価格です。
個人的にはその価格であれば普通~ちょい高めぐらいでしょうか。
聞いた話によれば年度でかなり差があるワインで、若木で作るためなのか2011年という苦難の年はむしろ自然派よりだったらしいので驚き。
安定感のなさは、個人的にはあまり嬉しくはないかも?
ソノマ若木や作り手にピンときたら是非!
プレゼントとしてはむしろ明日の父の日向けだよなぁと思っています。うーむ。

というわけで、リヴァースマリー・スーマヴィンヤードでした。
たまに飲みたくなるこの手のあったかピノ。それなりに代打がいる点も難しくはありますが、この2012年はソノマがいかに良くブドウがとれたかを物語る味かもしれませんネ。

カルトマニアならば即買い。多分この2012は多めにボトリング出来たから日本に普通に流れているのではないかと

オールド、といってもソノマピノなので樹齢40年からスタートではあります。それってGGXXのスレイヤーとかもオールドになっちゃう感・・・
関連記事

| アメリカ | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/338-08cec85d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT