オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カップ麺とチョウドイイ!! レ・ジャメル・ブリュット・ヴァンムスー・ド・カリテ・エフェルヴェッサンNV

うぇるかむ!
取り急ぎになりますが、本日の更新ですね。
私、あんまり泡って買って飲まないのですがいただきものでこんなワインをやりました。

DrJk9.jpg

レ・ジャメルのブリュットになります。
このメーカー、割りと多めの流通ですが泡ってそんなに注目されてないのでは?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルはシンプルそのもの、という感じで特色はなく。
メルヴィン・マスターという人が主催となってやる協同組合に近い生産方法で知られているようですね。
zoYu0.jpg
という感じでカタカナが裏ラベルにも並びますが、ようするに「ちょっと名のしれた地酒」みたいなものでしょうか。
アニメ的には、ニコ動とかの~劇場タグみたいな。お金とる同人ほどではないけどちょっといい感じの二次創作みたいな。

で、ここのワイン、私はピノも呑んだことがあるんですが正直ピノは如何にもラングドック方面っぽい田舎感が強くて個人的にイマイチだった覚えがあるんですね。
今回、このワインも自分では買わなかったでしょう・・・・・・とはいえ、せっかくもらったので趣向を凝らしてのみたいなと思いつついただいてみました、すると――

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
思いの外シャンパーニュ!?
良くある宣伝文句ですが、実に想定よりもシャンパン寄りのバランスなんですネ。
色はそこそこに黄色が出ていて安い割には透明すぎない印象。
香りはそこまでたっていないのは残念ですが、しぼりたてなグレープフルーツの苦い香りが割りと生生しいんですね。
それと予想外というほどにナッツ&トーストの質感がみられます(しゃんぱーにゅの特徴!)
味わいもそこそこにビターチョコ感がありつつ、果実の感覚が良く出ています。
泡はきめ細かくもなく強くもなく中庸め。
ドライめな味付けが逆に安い範囲と思わせぬポイント。苦味と酸がしっかり感じられ甘だるさはないタッチ。
これ、たまーにある今ひとつなシャンパーニュよりもずっとそれらしいのでは?なんて思わせてくれます。
なるほどスーパーヴァンドペイ。

しかしながら、まぁ安い泡なのでちょっと実験的に
SgkQx.jpg
カップそばでやっちゃいました☆
グラスも味わいがいいほうだと感じたんでボルドーグラスです。
これ、ワインジャーナリストの葉山考太郎氏が推奨してる「シャンパーニュとカップそばの汁」という組み合わせなんですが、なるほどイイカンジ!
カップそばなんでやっぱりダシは弱いし単調だなぁと思ったので私は魚介粉を少しいれて食べてみるとシャンパーニュぽいビターさと蕎麦&汁が良くあうですね。
このぐらいの軽い価格帯であれば、こういうのも一興なので是非お試しあれ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
これで2000円程度。他国の安旨系よりもシャンパーニュに近めの味わい、って考えるとお得感があります。
その分、ドライさが強いのである程度ワイン慣れした人の常駐適当泡って感じ。
なんとなーく取り出すの調度良い泡ではないでしょうか。
ハウスワインとしてガブガブやるのが良いと思います。食事の合わせは意外と高めでも相手をしてくれそうな印象アリ(といいつつ、カップそばと合わせたんですけどね私^^;)

というわけで、レ・ジャメルのブリュットでした。
ここ、赤より泡なんじゃないかな?という程度に個人的には同社ピノと泡に差を感じました。
安い泡をお探しの方は狙い目ですよ。

いやさ、ここのティスティング会の上位景品でもらったんですよねコレ。

あんまりオススメではないけど呑んだことあるピノ。かなり田舎系。多分、他の赤白のが良さそうな(推定
関連記事

| フランス | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/337-00e8284c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT