オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今更ながら敢えてド定番モノを。外観の大切さを感じさせる ムートン・カデ・ルージュ2011

うぇるかむ!
ここのところ、安旨系で攻めてきていましたが、ふと「多少レア度高めだよなぁ」と更新しながら思いました。
美味しくて安い=売れるという一般的な基本概念から言えば当然なんですが、こと輸入物なのもあってそも在庫数が少なかったり在庫処分で安くなってて相対的にお得というケースもいっぱいなんですよね・・・・・・
そこで、今日は敢えてワイン通が「攻めない」ワインを改めて。

chpdg.jpg

ムートンカデ・ルージュ・2011
そう、ボルドーで安いフィリップなあいつです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
シンプルに作られたラベルだとは思います。そして、知名度は良く悪くも高いのは事実です。
大衆品としての定番感は未だに根強くあり、そもそもの生い立ちが
「ムートンの出来の悪い年のセカンドだったのがいつの間にかどんどん格下げされてって出来たムートン系列のテーブル品」
というところなんですが、フィリップ男爵だとかボルドーのワインという定番感から未だにそこそこ買われているようですネ。

ワインオタク的には「ド定番すぎてなぁ」「ボルドー安値って地球一不味いワインだからなぁ」「そもそもセパージュがメルロ主体とか安づくりだ」ってな感じで全くもっていい感じがしません。
というか、私も正直イマイチ感がすごく強いワインでした。
ので、この間たまたま有料ティスティングのリストにのっていたのを見て、ふと
「改めて飲んでみるのは悪くないのではなかろうか?テーブルワインの基本形なのだし」
と思ったので飲んでみたのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥
あ、安くて普通のボルドーだ!
驚くぐらい予想通りな薄造りな味。
決して不味くないけど、そうそう安ボルドーってこんなだよねという雰囲気に満ちています。

色は新しい感じがとかくするクリアなレッドで、エッジ変化などは当然なく。
香りは素直なブドウの感触にカシス少々、少し重ためのチェリー。
それら香り要素そのままな味わいでド定番なミディアムボディとなっています。
教科書的な少し青くさめのカシス感にそれほど甘さも酸もタンニンもない感じが逆に印象的です。
飲みづらい要素はない点が特徴で、ぐいぐい飲める感じ。
国柄はむしろ感じないぐらい。
もっとダメダメ品になると更にエグかったり臭みがあったりただの酢だったりで散々な事もあるのでそれらに比べるとずっと安定感はあります。
なんとも、「焼酎などを思いっきり水割りした感じ」「ビールでいうリキュール類」というところでしょうか。
庶民派も庶民派。大衆食堂のワンカップのような存在なのだなぁとしみじみしました。
この飲みくちもまた、ワインとしてひとつのスタイルナノデス。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥
しかしこれで1900円前後なのは・・・・・・あまりにも高すぎるなぁというのが本音です。
同価格よりちょっと出すとかなり美味しいのが出てきますし、これより低価格でも「単体のポテンシャルとして遥かに優れているもの」はたっくさんあると思います。
不味くないけど個性がなさすぎて面白くないというか、ひっかかりがなさすぎる感じ。ギルティギアゼクスの最初期弱かったカイ君を彷彿とさせる弱さです。
価格にも味にも感動しない割高さ。
ただ、それでも♥としないのはその購入ルートの広さと

販促のやり方はワイン業界大いに見習うべきなんですよね。
中身よりこの表向きにこだわりを感じる辺りが一番の高ポイントだと私は思います。
流石ムートンのところだよねっていう。この価格帯でも映画好きにプレゼント出来ちゃう。
一度は飲んでおいて安いボルドーの感覚を掴んでおくにはぴったりで、他の
「謎のムートン関係商品」
よりは安心感があるかも。

というわけで、ムートン・カデ・ルージュでした。
改めて飲むと想定よりはイイカンジであるものの、値段やっぱり高すぎですフィリップ関係銘柄って思ってしまうのでした。
カンヌの人達はこの飲みやすさでチーズ食いながらガッパガパ酔っ払って映画見るんだからそりゃ幸せだろうなぁと思います。
瓶に口つけて飲むべし!

限定ラベルとか・・・卑怯!卑怯なぐらい売り上手!!それと京橋さん、これすらこの書きっぷりは最早テクニックやね!!
ムートン・カデ・クラシック 2011

ムートン・カデ・クラシック 2011
価格:2,030円(税込、送料別)


このぐらいの価格だと納得ですな(ただし保存状況ヤばそうですけど・・・)
関連記事

| フランス | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/334-2e33e8d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT