オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャンベルタンめいたドッ濃い全房ピノ! マイヤー・ドクトル・ピノノワール・ヤラヴァレー2012

うぇるかむ!
オーストラリア、というよりはネッド・グッドウィン特集に若干なってるオーストラリア更新、まだまだ続きますアホほどおかしいワイン!

i48HO.jpg

マイヤー(メイヤー)・ドクトル・ピノノワール2012
オーストラリアがピノの名産地であることを感じさせるモノのひとつです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
アルマンルソーに激似、というかパロディのラベル!
はいはい、当ブログ満点でございますよ~(もはや投げやり
正面からだけだとわかりにくいので、他の角度からも
as45j.jpg
Dの文字がやけに格好良い装飾で、RPGに使えそうですネ。
iuEpn.jpg
個人的にはド派手なラベルがワインは好きです。高いお金払ってるんだし。
作り手はティモ・マイヤーというおっさんで、日本に来ると女遊びをすることしか考えていないらしいです。
なんだそれ!?って感じですが、ワインの作り手って欲望に忠実なタイプ(カルト系に多い)と貴族な作り手(大手とか高級国際品種使ってる人に多い)に概ね二分されて、この方前者の極地みたいな人なんですね。
で、そういうタイプの人らしいワイルドなビオ系の作りで全房でノンフィルター。
今回のワインは何故ドクトルという名前がついているかというと
「作ってみたらなんかちょっと薬っぽかったから」
という味わいからの当て付けなんだそうで。意味わかりません。

さて。
これら説明分と言いますか作り手の紹介の仕方をすると
「ワイルドなくさそうなワインなんだな・・・」
と思われる方が多いと思いますし私もまぁ思いがちなんですがでは実際のところどうかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
ルソーっぽい!?
いえ、私の場合ルソーって殆ど経験なくて、最近改めてルソーのモレサンドニ特級を呑んで改めて感じたっていうのがただしいのですが。
正直、「ちょっと雰囲気似てる」程度ですが、いわゆる世間にあふれる「DRCにそっくり!」の99%に比べればそっくりの部類だと思います。
色は結構クリアな赤。ピノとしては濃い色口なのは作り方のフリーランっぷりゆえ?
香りに確かに草っぽいビオ要素やイソジンめいた甘さが多くてそこからドクトル、という名前がついたのは納得の印象です。
味わいはしかしながら、強くて濃いスタイル。
クランベリーや酸が強めのイチゴなどの赤い小さな果実感、それにガッツリと抽出したセイロンティー。
なんとなーくユーカリなどの葉っぱ要素が感じられます。香りよりも味の重たさが美味しいタイプでしょうか。
ただ樽っぽさがないので、あまりティーセットという感じではありません。
甘みも結構強く、時間経過でスパイシーさが出てくるあたりは高級なピノをやっている感じがします。
凝縮感があるけどエレガントさはある、というまさに旨味のピノ。
ワイルド系では確かにあったんですが、その中に繊細さが見える……
そう、ヤンキー系女キャラです
特攻服とか着ちゃうんだけど、実は猫プリント大好きだったり超絶美人だったりするアレです。
知ってる人にわかりやすくいえば、モバマスのタクミンね。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
1万円近い、ということであれば妥当な感じといいますか。
かなり良く出来たピノノワール。あとは好みの問題です。個人的に全房系はネレッロなどの地ブドウかエレガントシラーにおまかせ☆って感じなのでこういう評価。
好きな人は私がパーフェクトつけた同オーストラリアの「コールドストリームヒルズ」の倍値でも信じるかと思います。
ブルゴーニュらしい、というのがステータスになってるピノ界隈としてはこれもかなり肉薄しているのは事実です。
ラベルがとってもゴージャスなので、同価格帯のブルピノよりも知らない人にも喜ばれるし知ってる人にとってはいい笑顔がとれるでしょう。
扱いは若干難しいワインかしら、その辺りは注意(それでも地ブドウ系よりはクセがないですが)

という訳で、マイヤー・ドクトル・ピノノワール2012でした。
前に紹介しましたコールドストリームヒルズとは正反対のワインです。
驚くべき差にワインはやっぱり醸造力だなぁ、とか感じてしまうモノの自然派は年度によって味わいかわってきそうなのでそこもまた楽しいんですよね。
それにしてもオーストラリア、いいピノ作ってます!

楽天では一社しか(それも取り寄せ!)扱ってませんでした。むしろこれはワッシーズさんがエライというべき?

パクり元のルソーのラベルはこんな感じ・・・・・・値段!ヒエエエエエエエエエ(CV:東山奈央
関連記事

| オーストラリア | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/316-c7e68e13

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT