オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

千本蝋燭!カルト感煽るるナチュラルシラーズ サウザンドキャンドルズ

うぇるかむ!
さて久々のいつもの更新であります!今日はシラーズです。
とはいえ、今日も変わり種の紹介になっちゃうんですネ

uVSP7.jpg

!?

gdhhq.jpg

という訳で、サウザンドキャンドルズになります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
カルトっぽい柄だと大体5ptじゃないかって?はい、そうです
びっしりとした丸にいくつかの赤、というずしきで蝋燭を表現したラベルがサイコーなこのワイン、内容もビオナチュラル系なモノになっています。
某ブリーチの「すまぬ・・・」なオニイチャンやらその断頭台で~撃ちぬいて~なボカロ曲を思い出しますネ。
超近年にやり始められたプロジェクトで、幾人かの醸造家やエノロゴ、投資家、ワインコンサルトが集結した~~とされる人員集めはアメリカ的。
ホームページ(もち英語!)もなんか綺麗に作ってあります。おっさんらが立ってるところに犬が走ってるのとかちょっとカッコイイのかわからない感じもいいですね
テロワールが良いらしいのですが、ちょっと割愛。やせた土壌、森が近くにあって山風が・・・と少し明確さに欠く情報でしたので上記HPでなんとなく空気を感じる方がいいかなぁって。
しかもシラーズ主体であるものの、ピノとソーヴィニヨン・ブランが入っている模様。
ネッド・グッドウィン推薦シリーズのうちのひとつでもあるわけですがその実力やというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
おお!シラーズってこんなワインだったっけ!?
と、驚きをワイン通ほど感じさせてくれるワインではないでしょうか。
ボトル画像を見ていただけるとその色合いもお分かりいただけるかもしれませんね。
濃い紫ではなく、明るい赤ナノデス。色だけでシラーズ主体ってわかる人いるのでしょうか?
香りは回数を重ねると肉感とスパイスのあるシラーズの特徴が見えてくるものの赤い小さな果実、クランベリーを貴重としたタッチになっています。
少し紅茶感があり、香りのベースはいい価格帯のピノ。そこになぜかシラーが見えてくるという摩訶不思議アドベンチャーを体感出来るでしょう。
味わいも変わり種で、赤い果実とベーコンのMIX。
果実の肉巻き・・・プチトマトの肉巻き串?
果実味自体はキュートなイチゴやクランベリーなのですが、シラーズらしいお肉の要素やスイカっぽさも少し感じられるのです。
香りの特徴と大体一致する味わいであり、重たくなくサラッとした口当たりでもあります。
個人的にはエトナワイン(ネレッロ・マスカレーゼ)に近い味わいだと思いました。
エトナよりはきっちりとした安定感のありそうな味でもあり面白い逸材でしょう。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
当ブログ、実は私よりも資格・職業・経験値もろもろ全部上な人が見てる率が以外と高いのでは?
と最近思うので書きますと、そういう方(特に職業の方)で飲まれていない場合は経験値としてインプットされる事をオススメします。
シラーズの概念を覆し、またオーストラリアのビオ派の傾向把握、ないしはイタリア地ブドウ回帰などの方向性を見ることが出来るワインになっています。
逆に言うとそうじゃない方やこれからバッチを取りたい方にはあまりオススメ出来ません。というのは値段が1万円近いので、この変わり種ワインを飲む前に飲むワインが沢山あります。
少なくともいくつかシラーズの経験はしていないとこれが「おお、こんなシラーズもあるのか!」という驚きに到達出来ません。
初音ミクの元絵を見る前に、雪ミクとか千本桜ミクを見て「これがミクさんかー」となっちゃう訳。
ナチュラルである、という事は本質的にはこれこそシラーズの特徴を掴んだワインと言うべきなのかもしれませんが・・・・・・少なくとも一般的なシラーズのイメージとは別のベクトルで動いています。
これが、今のオーストラリアの形なのかもしれません。割りとコスパで図るべきでないワインかなぁ。

という訳で、サウザンド・キャンドルズでした。
ネッド・グッドウィン推薦シリーズの特徴として、ビオチックであること、割りとアルコール度数が低いが味自体はクセが強い事、値段はそこまで安くはないことなどがあげられますが代表例のひとつですねこちら。
も少し価格が控えめになると俄然推奨しやすくなるのですが、チャレンジ精神ある方はトライしてみるとワインの世界がグーッ!と広がる事間違いなし!!


あんまり変わり種かつ高額なので入荷&発注受付店舗が少なめ。もったいない!面白さはバツグンなのに!

書きながら千本桜を引き合いに出してみましたが、案外とこのワインを二次元ポエットするとちかしいかも・・・?
関連記事

| オーストラリア | 09:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

このワインを結婚式に使うため調べていたらヒットしました。のでコメント残して行きますね。

| こんにちは | 2014/05/21 18:36 | URL |

>こんにちは様
うぇるかむ!
結婚式用に使うのに千本桜やーとか言うてて微妙に申し訳ないキモチになってしまいましたが、実力は本当にスゴイですよ!
いわゆるシラーズらしさはありませんが、抜群の世界感があります。
問題は結婚式で使うのにそこまで数が用意できるか・・・・・・という部分に至るでしょう。恐らくインポーターに直接聞いても在庫薄。
大手百貨店への電話なども是非ご検討あれ~

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2014/05/21 23:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/311-40636eec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT