オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

破産からの復活ワイン? ヘイヴンズ・メリタージュ・2009

うぇるかむ!
ワイン業界も正直大不況でありカリスマ生産者が皆おじいさんで、潰れたり吸収されたりが良くあります。
昔からのところ(特にアメリカ系)も多く、今回もそういった流れのワインです。

755724330.jpg



ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
ラベルはなかなか高級感のある黒ベースに象徴のブドウ鞘を配置しているパターンですね。
例によってワイナリ当主の奥さんが描いていたらしい。
それほど特筆点はないかな~とも。
このメーカーは元々メルロ種のワインが有名だったようなのですが、
売却されはじめ→破産→買い手がワイナリー名はそのままで再スタート……
という事で、元々のヘイヴンズ氏は関係なくなっている模様。
アメリカでのメルロ種人気が落ちてしまって破産したという流れの為なのか、現在日本に入っているのはメリタージュのみ
(メリタージュとはフランスのボルドー風で、カベルネ種が主体になります)
昔はメルロ、シラー、それにボルドーでも右側のブレンド(メルロ主体にフラン種が多く入る)があったようです。
うーん、復活は復活でもドラゴンボールの復活敵キャラみたいな?

香り・味(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
日をまたいでティスティングなどしています。
畑はナパのAVAラザフォードでトカロンヴィンヤード。うーん、我ながら呪文のようですね。
ナパ地区のグラン・クリュ畑だと思ってみていいかなぁ。とにかく畑はいいみたい。
ただし樽の度合いが新樽18ヶ月とそこそこ強めで、香りからもその雰囲気は感じられます。
味もどちらかというとスペイン系かな。カシスやチェリーなどの果実にバニラエッセンスをかけたような味わい。
酸味などはあまりみられず、かなり甘めの作りとなっています。酸味に関してはうっすらです。
この手のが苦手でなければ飲みやすいハズ。
比較的平均的な味わいのある、アメリカのイメージらしい味?
日持ちは結構するタイプ、もしかするとバニラが抜けてくる1日後などの方が美味しいかもしれません。

コストパフォマンス(最大5pt)
♥♥
5000円のミドルクラスのアメリカワインとしては、ソツがなく少し弱い作りかなと思います。
今ひとつあたまが抜けないというか特徴にかけてる印象で、少しモヤッとするというか。
率直に言って、価格分の個性が欲しいというのが正直なところです。
気軽なワインではあるのですが、もっと安いと嬉しいかなぁ。

本来やっていたワイン作りとは一転している為なのか、どことなく試行錯誤が感じられるワインかなと思います。
特に樽の効きの強さに。多分本来はもっと繊細系だったんでは無いかと逆に思わされます。
うーん、2005年ごろまであったらしいサンテミリオン風ブレンド版が飲んでみたかったな~

関連記事

| アメリカ | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/31-64bf5741

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT