オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カルトを通り越してメンヘラ? ルーシー・マルゴー・ノワール・フルーレット2013

うぇるかむ!
オーストラリアでしばらく更新してまいります、二回目は超変わり種ワインを早いうちにと思いまして

LF548.jpg

ルーシーマルゴー・ノワール・フルーレット2013
もう内容がめちゃくちゃなワインなのです!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
クレイジー&クレイジー
ワイナリーの名前(正確にはドメーヌ・ルッチというのかしら?)にもなっている、醸造家の娘であるルーシーマルゴーちゃんが描いた絵がラベル。
更にバナナ紙再生紙を使ったラベル、という類をみないスタイルになっています。
この段階で大分メンヘラ的です。もう何と言いますか東方ジャンルの古明地こいしっぽい。
マスター・オブ・ワインのネッド・グッドウィンプレゼンツ系(ネッドが提携して紹介しているインポーターがいくつかあるのです)の中でもわかりやすくクレイジー!
作り方の手法は「超自然派」のオンパレード。
まんまインポーター紹介からひっぱってきますと「人工・自然にかかわらず酵母、バクテリア、酸、糖など一切の添加物を加えません」というドえらい文字が出てきます。
更に、狩りが趣味でジビエとかを自分で狩った動物で作ったり糖度計等で数値を見ないで収穫時に毎日10キロのブドウを食べてワインのスタイルを判断するという謎の経歴をもっています。

更に、このワインのクレイジーなところはそのブレンドです。
ロゼ用ピノ・ノワール・セニエ(ロゼ向けなピノのジュース部分)にカベルネ・フランのブレンドです。
もうなに言ってるかわかりませんね?
間違えてフラン収穫しちゃったのをぶち込んだんだってさ!
適当です!あまりに適当です!!ボルドーの人たちが失神します!!!(なおイタリアでは良くある)

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(好みによって+差が激しい)
基本的には内容のとおり、薄味系のビオワインになっています。
色はとても透けて赤、エッジは出ていません。まさに新鮮な感じ。
香りに青レモンのようなすっぱい印象や梅漬けの印象。結構ビオっぽさが出ているのも特徴ですね。
ここまで酸がたっていることが香りから判別できるのもあまりないでしょう。
味わいはそれでいてこってりとした茶砂糖の甘さがあったりします。
強い酸味はベースではありますが、思いの外果汁の甘さがあるんですね。
甘みの強さが同じ程度に強い酸味を押さえつけるという独特のスタイルになっています。
ビオ、の典型であるのはそうなのですがその中でもおもしろおかしい仕上がりになっているのではないでしょうか。


コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥?(ほんとコレは「?」)
私がそもそも、前回更新のコールドストリームヒルズのような高級感があるタイプを好むのもあって私個人としては、これに5000円近くだす事はないでしょう。
しかしながら、特異点であることには間違いありませんし、ビオ感満載大自然バンザイ!なワインの中では美味しいのも事実。
今回だけしか作られない(何故って、適当にぶち込むフランがないから)という希少性なども絡んでくるといよいよコスパでははかりがたくなります。
年代物や万円超えてくると当ブログでは「コスパ語るべきでない」という判定をとることがありますが、それに限りなく近いでしょう。
よって、貴方がビオ派であるかどうかが全てです。もしくは、ここからビオを初めて見る?

という訳で、ルーシーマルゴー・ノワールフルーレットでした。
オーストラリアは今、この手のナチュラル主義のクレイジーがドシドシ日本に入ってきていてホットスポットになっています。
その代表的なワイン、試す価値はあるよーに思います。


この手のワインを良く売ってるお店でもノープリント。これこそカルト・オブ・カルト

ながもん(ハルヒ)かな?ミクっぽいのもあるし、どう考えてもルーシーちゃんこっちの世界の子です
関連記事

| オーストラリア | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/306-addda117

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT