オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コート・デュ・ロ・・・ブレス! エバレー・コート・デュ・ロブレス2008

うぇるかむ!
ここのところ、高いワインの連続になってた当ブログ。
コスパでみればすこぶる良好かな~というワインもやってきましたが、まあ普通に5000円超えてくるのが連続だと
「まぁ、そうね・・・うん、そう・・・(CV:北上様)」
って感じかと。
という訳で微妙過ぎるパロディを入れたパソ・ロブレスもので。

FyVDp.jpg

エバレー・コート・デュ・ロブレス2008。
ほんとささやかにコート・デュ・ローヌのパロディです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルが本当にびみょーになぞっている感じなんですよね。
先日までやってましたローヌ地域の広域呼称、コート・デュ・ローヌのパロディです。

0f0Y0.jpg


二次元パロディなんだけど、シルエットを入れてパロってるぐらいの奥ゆかしさ。
そこそこに品はあるのと、パソ・ロブレスという地域をピックアップしようという試みは微笑ましいですね。
作り手はギャリー・エバレーとベン・メイヨというコンビらしいのですが、正直このワイナリーしか日本では検索ヒットしません。
パソ・ロブレスで結構産業的に作った初期のワイナリーがこちらとの事でいくつかのワインを手がけてはいます。
ブレンドがこのロブレスはグルナッシュ・シラー・ムールヴェルドルの3等分、一部でGSMと言われる定番ブレンドになっています。
また、08年以外の年号を国内でみかけません。仕入れたっきり在庫として眠ってたのか古いのを出すメーカーなのかまでは不明な感じになてちます。
ちなみにアドヴォケイト90点。
あ、これゼミ(アドヴォケイト獲得ワイン)でのんだことある!!
ってなんとなく味わいがわかった人はワイン飲み過ぎです(迫真

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
妥当性のある感じでしょうか。
色は少し枯れたレッドカラー、エッジにオレンジがはいりはじめたタッチ。
香りはレーズンやプラムなどの果実、特にムールヴェルドルからきてそうな強い果実香です。
樽のバニラ感もそこそこに。
味わいは結構じっとりとしています。
ラムレーズン、モカコーヒー、それら渋いタッチと果実。
シラーの肉感はあまりなく、レーズン入りのビターチョコという感じ。
アルコール感もあからさまに感じられ、グイグイ行くタイプではありません。
また、(この価格帯にしては)年季が入ってるためか酒石や澱は結構ありました。
扱いの難しさを超えると意外とスッキリとした骨格なのがわかるのですが、ちょっと08年というのは寝過ぎ?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
3000円前後で08年GSMが飲める、という部分に価値を見出すかどうかでしょう。
そういう意味では他に替えようが殆どないワインではあります。
作り自体はそれなりに重たく作ってあるので日持ちもする点はテーブル呑みにはいいのかもしれません。
プレゼントにはちょっと地味&前述の通り結構扱いが難しいのであまり適さないでしょう。
この手のユニークなワインがお好きな方は是非手にとって見ては。

という訳で、コート・デュ・ロブレスでした。
この価格帯だとやっぱり面白さは重視したいですネ。
3000円前後だと結構イイワインが増えてくるので、若干選択肢として難しくあるものの南仏とか攻めている人は是非ご一考あれ。

この手の変わり種低価格帯は地味に高級ワインよりも弾が少なくレア度高かったりシますよね

ただ、パロ元のコート・デュ・ローヌって平均値結構安いからバリュー感が・・・呑んだことないけどこういうのも存在してますし
関連記事

| アメリカ | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/301-cdf9b4b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT