オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界一高いグルナッシュ! ドメーヌ・デュ・ペゴー・キュベ・ダ・カーポ2010

うぇるかむ!
さて、ヌフ特集的にずーっとやってまいりましたが、一区切りと言いますか本命ようやく書くにいたりました。

1Izbr.jpg

ペゴー・キュベ・ダ・カーポ2010
世界で1番高いグルナッシュ主体、ヌフ・デュパプのワインです。
ギャルゲではない(戒め

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ペゴーがヌフの現人神であるアンリ・ボノーに最も近いと言われる所以。
またはペゴーこそがヌフのトップであろうと頷く人たちの憧れ。
ヌフ・デュ・パプで最も高いワインの一つがこのダ・カポ(ダッカーポ)。

という訳で、表のラベルからして通常版と比べてもなんか豪勢な印象になっていますが、更にカルトなのが裏ラベル
Vedth.jpg
か、かわいいー!!!!!!!!!!
毎年違うオリジナル楽曲がはられているとのこと。このラベルデザインの可愛さ、完璧にカルト!

そもそものペゴー自体については前回を参照のこと。
その中でもペゴーのワインの中で通常1番高いのがローレンスという代物なのですが、その中でも良い年に更に最高樹齢の葡萄を使って作られるのが今回のワインなのです。
で、過去に5回しか生産されていないワインなのですがその評価が異常です。
ペゴーラブのパーカーポイントは、このダ・カーポに全てに対して(暫定&~があれど)100点をつけており完璧に
「ペゴーには勝てなかったよ・・・」
状態になっています。スペクテイターなども評価は97点などマックス近く。
または、某神の雫で「ジジイの最強ポエム13集」のひとつにあげられたので日本では知られていたり。
または私の良く行くワインショップでも唯一仕入れているヌフがこれだったりエトセトラエトセトラ・・・
とにかく、異常なまでに呑んだ人を惹きつけるワイン。
私もわざわざ抜栓すると聞いて有給使って呑みにいきました(!

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
ベラボウに濃い(迫真

0nzlW.jpg

状態は1日経過デキャンタージュという結構そぎ落とした状態であったにもかかわらず、超濃厚です。
それは、そのデキャンターがかかった状態からグラスに注がれて3時間は味わいが美味しい機微の中変化があり続けた事からも明らかです。
(普通、3時間もグラスの中でちびちびとスワリングかけつつ呑んでたら酸化が激しく美味しくはなくなります)

色はそれでいてギリギリ透ける程度のクリムゾンレッド。
粘り自体は濃厚ですが、真っ黒というわけではない辺りはグルナッシュワインでしょうか。
香りは濃厚に干したレーズンやプラム、濃厚なスパイス、それと杉などの森林系の香り。
香りの変化自体は前述のとおり次々と移り変わり、まろやかなバニラを感じさせるとおもいきや毛皮や獣のニュアンスが強く感じられたりもします。
それも、いずれにせよ干し葡萄系の一種アマローネめいた部分の存在感が凄まじい。
味わいもタンニンが強く、強烈な果実の濃縮エキスがグッと感じられます。
そこからじっとりと甘さが滲んできて、余韻は当然の如く2分ぐらい。
とにかく長く味わいの調子が続くんですね。
3時間もかけた理由のひとつがコレで、味わいがあまりにも凝縮しすぎててゴクゴク飲めないのです。
高いから、というより味わいが強烈だから、なのです。
わかりやすく・・・・・・うーん、美味しいゴマベースの担々麺って案外と辛旨系なのに箸の進みが遅かったりしませんか?あの感じ。

前回のレゼルヴの時にこっそり書きましたが、総合的な部分でのバランスや飲みやすさでいえば、レゼルヴの方が正直なところ美味しいぐらいです。
しかしながら、恐らく同時にこれを呑んでしまうとその印象が掻き消えるでしょう。
強烈。
ペゴーを多くの人が推奨し忘れられない存在としてあげる理由は良くわかります。

コストパフォーマンス(最大5pt)
コスパで図るものではない(好みもよる)
どうあがいても4万以下ではみかけません。間違いなく最高級クラスで、モノによっては10万規模。更にこれ、ジェロヴォムサイズ(めっちゃくちゃ大きい)とかまであってそれはもうどういうこと?って状態です。
そういった訳で、アンリ・ボノー・セレスタンと二分する最高級グルナッシュとなっているわけです。
ここまできちゃうとその存在が価値あり。弾数自体は某地域よりあきらかに少ないですし。
プレゼントにこれを使った場合、それは「ケッコンしよ・・・」を意味するレベルです。

という訳で、ダ・カーポでした。
とにかく凄まじすぎて逆に良くわかんなかったという典型例だったかも・・・
爆発的なエネルギーを備えた存在、というなんともポエットな感想が精一杯です。
チャレンジにはかなり勇気がいるワイン。
是非購入を、とは言えません。劇物が欲しい人はどうぞ・・・・・・

安めでコレ。それにおそらくこの価格だと正規輸入でない可能性高め?

これがインペリアル!でかい!値段も!!
関連記事

| フランス | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/299-d59c63ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT