オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

超洗練とされたおねショタめいたエレガントヌフ! サン・プレフェール・シャトーヌフ・デュ・パプ・コレクション・シャルル・ジロー2011

うぇるかむ!
さてさて、ヌフ周辺の特集、今回割りと紹介したかった一本と言いますか、バツグンに良かったのがここの赤と白でした。

Oodsd.jpg

サン・プレフェール・シャトーヌフ・デュ・パプ・コレクション・シャルル・ジロー2011
これほんとよかった!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ラベルは如何にもなヌフスタイル。紋章っぷりもいつも通りって感じではありますね。
名前の付け方は基本的に家族などの名前がついているとのこと。
ここもかなりの新進気鋭なワイナリーで、元銀行員のイザベル・フェランドという女性の方。
彼女がサンプレフェールの土地を買ったのが2002年という、フランス本土では比較的珍しい「新進気鋭な女性醸造家」になります。
アメリカとかでは女性醸造家って四天王とかいるぐらい多いんですが、フランスでは確かにあまり聞かない・・・この当たりも私がローヌ好きな理由ですが。
さておき、アドバイザーやサポートに入っている人も結構協力で、師匠が「ヌフの現人神」ことアンリ・ボノー。
コンサルタントが「ヌフの魔人ブウ」ことフィリップ・カンビ。
新しいアニメが面白くて調べててなんやコレ、まどか☆マギカのスタッフかいなってな状態な訳です。
買っている土地自体は結構良くて、ヌフらしく樹齢60年以上のVVの存在もあり。
そんな新進気鋭をワイン誌がほっておく訳がなくて、アドヴォゲイト100点も2回叩いておりスペクテイターの常連みたいな感じになっています。
ただ、割りとヴィンテージによって点数に差がある模様?
偉いことになっている感じですが、実際のところは・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
ヘヴン☆状態
凄まじく官能的でかつスマートなヌフには思わず感動モノ!
色はハッキリと濃い目の赤さで粘性は高め。
香りはとても肉厚な印象で非常に濃厚なプルーンや強めに抽出された紅茶感。
香りのバニラ要素が少しヨーグルトっぽい気も。
濃厚でスパイシーな香り。その割に肉っぽさは控えめで、果実と茶葉のインパクトが大きいですね。
味わいは非常にスパイスが強くあるが甘露。
イチヂクやプルーンなどの果実の充実した味がとてもセクシーで、舌触りもまろやか。
アフターに一癖あって、アールグレイをたっぷり使ったロイヤルミルクティー、それにスパイスが効いたパストラミ。
この組み合わせが非常に品が良く、ローズのニュアンスまで出てくるのでたまらない!
味わい自体が強いく持続性自体も高いものの、後抜けが最高に品が良い……というのは高級ワインの特徴だと私は思っているのですが、その典型的な例といえるでしょう。
ヌフ特有にあったかみのある果実から、このセクシーで誘惑的な味わい。極上のおねショタだ!(突然机から立ち上がる
表現豊かな、やみつきになるグレートなグルナッシュです。

qG20z.jpg

前回紹介のシャルヴァンとは比較試飲しましたが、単純なポテンシャルはサンプレフェールの方が私は上に思います。
果実のボリュームが違う。
ただ、飲みやすくエレガンスを感じられるのはシャルヴァンの方が強いかも。日本人で呑み慣れてない人限定で大規模に試飲会をやったらシャルヴァンのが人気出そう。
また、この2つで飲み比べた時になんとなく評論家評価の強いワインと弱いワインというのを感じて、シャルヴァンが90点台中域から先に踏み込みきれていない理由は所謂「果実の強さ」「酸の強さ」「業界人なが言う凝縮感」という当たりなのではないかと。
逆にサンプレフェールが100点を出したことがある理由に「凝縮感」というのは如実に関わっているようにも思いました。
いえ、どっちもやったら旨いワインで個人的にどちらも素晴らしかったんですけどね。

コストパフォーマンス(最大10pt)
♥♥♥♥♥
貴方が1万円以下でこのワインを見つけたら、財布からお札を出してレジまで持っていく事が義務である(突然のパーカー風コメント
お金のある方はケース買いでいいでしょう。ずば抜けて良く出来ており、また熟成の期待も出来るヌフでした。
信じられない事に、この2011ヴィンテージはサンプレフェールとしてはあまりよろしくないヴィンテージであるそうで多くのサンプレフェール経験者の方が
「いや、2010(PP暫定100点とってる)のが遥かにいいよ」
とも言っていたりします。信じられない。
食事の合わせにも概ね良好さを示しそうには思いますが、結構濃厚なソース料理や煮込みがいいように思います。
プレゼントには一見すると地味なラベルなんですが、女性醸造家エピソードなど伝わると結構イイものがありますし何よりもべらぼうに旨いので問題ありません(お
自分もお金さえあれば、絶対にセラーに常駐させておくでしょう。
ラブライブマキちゃんみたいなパトロンが欲しい。ヴェェ……

という訳で、サン・プレフェールのコレクション・シャルル・ジローでした。
この日のベスト赤&白は両方サンプレフェール!というぐらいで、かなりイチオシ。
久々の当ブログ満点ワイナリーでございます。
グルナッシュの最高峰、の割に値段がギリギリ超弩級の世界に踏み込んでいないのもいい・・・んですが、人気出たら万円超えるでしょうねあぁ・・・・・・

年々値段があがることは疑いようがない

格安版は未体験なんですがちょっと欲しいなコレ・・・
関連記事

| フランス | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/292-df8417e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT