オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カードダスを思い出す? ブラック・オパール・シラーズ2013

うぇるかむ!
明日は某所でローヌとか南仏とかを呑んでくる予定です!
無論、死ぬまで(CV:斎藤一)
それが理由でもないのですが、今日は南仏でも良く使われているシラーズからテーブル価格帯で

vqB39.jpg

ブラック・オパール・シラーズ2013。
当ブログ、もともとこっち系の葡萄のが評価高いのですがひっさびさな気がいたします。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
ラベルの上下の円部分がカードダスを思い出させるプリズム仕様にになっているます。
凝ったラベルというべきなのか、安っぽいというべきなのか・・・・・・
作り手自体もベリンジャー・ブラス(現在別名になっている模様)のオーストラリア輸出ブランドだそうで。
オーストラリア国内消費向け、ではなくあくまでも他国用(特にカリフォルニア?)なワインとなっています。
大手も大手、チェーンもチェーンなワインとなっていますが、まぁたまにはいいかなぁとお肉合わせも兼ねてやってみました。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
そこそこ。
それこそそこそこ(読みづらい)
色は薄めの赤紫。エッジは当然ですがなく、また粘性も弱め。
香りに結構なユーカリ要素がありスパイス感は薄め。
プラム、プルーン、少しキャンディのような香り。
ジャミーさというよりはソースのような質感になっています。
しつこくはなく、甘味もそれほど毒々しいタッチではありません。
酸味は果実由来なのかなーと思える程度にはあり、甘めの質感なんですが案外と素直な味わい。
クセになるスパイシーさが無い点(故に飲みやすいが料理との合わせも面白さは出ない)のは残念な部分ではあります。
ポピュラーなシラーズ、といったところでしょうか。
基準値としては悪く無いと思える味わい。
意外と日持ちは良い方なように思います、酸の部分が結構しっとりしてくれるので扱いやすいノデス。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
それで1500アンダー、概ね1400円アンダーでは買えてしまうというのはこれまたそこそこ。
なんというか、モブ可愛い系のタッチですね。
ガッパガパ飲むのには丁度いい、気兼ねない一本としては、ヘタレなさといい悪くないと思います。
また、極めて扱いやすいシラーズになっています。
シラーは料理にもっとも合わせやすい品種のひとつだと私は思っているのですが、これはそういう意味では典型的。
感動的ではないし、平板といえば平板なのですがテキトーに合わせていくにはいい、まさにチェーン牛丼屋な。
プレゼントには全く使えないでしょう(これ使ったらドン引きです)
気軽にドカドカ家のみにどうぞ。

という訳で、ブラック・オパールでした。
このぐらいのテーブル価格帯って実は想像以上にチャチになりがち。
っていうか多くの人がこの価格帯を呑んで「ワインってあんまり美味しくないな」と思いがち!!
そういう意味で、このワイン、初心者向けというには少し物足りない気もしますが、シラーズの雰囲気をつかむにはちょうどいい気もしますネ。
テーブル向け大企業は流石にテーブルワインを良く考えてるなぁと思わせてくれるのでした。

ケース買いまではしなくていいと思います。送料浮かす為の足しにもいいのかなー。

ブラック・オパールという名前はこういう宝石が由来で・・・・・・ン!?何桁ァ!?

ついでにこれ検索して探してたらホモォ…┌(┌ ^o^)┐に行き着いた
関連記事

| オーストラリア | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/286-167c22ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT