オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キスラーとかに卸してるグロワーの実力とは ダットン・ゴールドフィールド・ダットンランチRRVピノ2012

うぇるかむ!
私は結構な頻度で某所のティスティングカウンターを利用しています。
最近、その某所の人員が年度の変わり目故か人事が結構変わってかなり人が変わってしまってるんですね。
常連としては悲しい限りですが、仕方もなし。そして、昨日もまたお一人転勤されるとの事でその人がラストにとおいてある好きな訴求帯&グレートワインの抜栓を許可されていました(ルーチェとかあいてました)
そんな中のカリフォルニア枠がこれだったんですね。

YoSTG.jpg

ダットン・ゴールドフィールド・ダットンランチ・RRV2012
ソノマの最高峰RRV産ピノです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルはシンプルなスタイルなのですが、Gの部分が絡めてあったりする字体はかっこいい!
そして、シンプルな中にバッチリ情報が。
ダットン家の現当主、スティーヴダットンとダン・ゴールドフィールドという醸造家のワインになっており名前もまんまそのとおりついています。
半分グロワーワインめいた(グロワーワイン:アメリカでは葡萄畑家が醸造家に卸すスタイルが主流。その中、ぶどう畑の人が元詰で醸造をしているのがグロワーワイン。代表的なところでピゾーニ・ピゾーニなど)このワイン。
比較的いいところは大御所に卸しているのでトップクラスの葡萄ではなかろうにせよ、その分価格がリーズナブルというグロわーワインの典型的なスタイルになっています。
なにせ、ダットン・ランチといえばキスラーやパッツ&ホールであります!
その大本の家系ワインの一つの実力というと

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
まさしくRRV!と言った感じの果実たっぷり!!
ガッツリとしたアニメ塗りみたいなキマリの良さです。
色はまだ若くエッジ差のないルビーレッド。透明度は高めですね。
香りからしてミルキーさがありRRVらしい甘めのイチゴジャムや大粒のさくらんぼのような果実。
勿論、口に入れてもそのギュッとした濃厚な実を噛むように感じられる訳です。
ただ、香りほどは煮詰めた感じではなく、ちゃんと果実由来な酸味も同時に出ているのは流石ですね。
主だってチェリーなどの凝縮感、甘みが強いのがRRVらしさで相当典型的な味ではあります。
ああ、カリピノだなぁと逆に落ち着くタッチです。
ダイナマイトバディなんですね。アニメの肩とかに赤+白丸をかっ込むような。
アフターまで豊満な印象は、なかなか他の地域で見られないなぁと思いますね。
スタイル自体にあまり高級感がないのは少し残念ではありますが、カリピノが飲みたい!というのであればこれはいい選択肢。
料理との合わせは甘さの部分を主に使っていく事になるでしょう。繊細系はおそらく合わない点はご留意。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
なんといってもグロワー系なので、値段が魅力的!
RRVを味わう、それもダットンランチという名畑を堪能出来るとすれば5000円アンダーで現行買えるのは格安と言っていいと思います。
ワイン初心者、という枠組みで「カリピノの代表的なものを飲む」「もう少し進んでカリフォルニアの代表的な産地&畑を飲む」という勉強めいたことがしたいのであればソノマRRVはこれを試されるのがいいでしょう。
贈り物にはちょっと地味かな~。
普段低価格帯のみで買われている、という方にとっては少しの出費でよりグレードの高いワインが飲めるという例として、ご褒美に買っちゃうとかどうでしょう(ま、ワイン沼に更に落ちることになるでしょうけど!)

という訳で、ダットン・ゴールドフィールドピノでした。
RRVの果実の具合ってほんと絶妙に個性的。安っぽい訳でなく甘さと果実が目立った仕上がりはブルゴーニュに無い個性。
私はソノマよりはサンタバーバラ派ですがこの爆発力はたまーに飲みたくなります。

ネットショップは2011年がまだ主力の模様。11年は不作年であったと思うのですが熟成はしてる・・・悩ましい

実のところ、ダットン・ランチといえば白だったりはするんですけどね。赤のがキスラーは私は好き。
関連記事

| アメリカ | 09:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/285-be2c766f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT