オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

史上初PP100点タスカン、最新版の感覚とは レディガッフィ2011

うぇるかむ!
しばらくぼけーっとした日が続いています私です。
比較的、飲む場所を増やした事で出会うワインも増えてその分やることも増えてて結果的に更新が減るという不思議な状況!
さて、なんとなーく気抜けが続いているので少し引き締めてドでかいのを一本。

raGh1.jpg

レディガッフィの2011ヴィンテージです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ラベルが地味に恐い
イタリアワインの絵画調の典型的なラベル、なんですが妙に高圧的な印象を受けるラベル。
作り手はトゥア・リータというワイナリー。
トスカーナの名門州ボルゲリのちょっと下、スヴェートという土地に1984年から栽培を開始したという完璧な「超タスカンブーム系」の流れの中のひとつになります。
調べたところ、作り手自体が「いやぁ、サッシカイアめっちょ流行ったから、うちもさぁ作ったら世界変えられるってさ~」と言ってたようで。
サッシカイアがアイドルマスターならレディガッフィはラブライブ?(当のサッシカイアに評価が並ぶ辺り)
ついでに、本職はゲーム会社らしいのです。
カプコンといい、たまーにゲーム会社系の人がぶどう畑やるとヒットするワインができるので、是非任天堂かセガかタイトーの社員さんもぶどう畑を買って欲しいですね。
モダンタイプの超タスカン系ワイン、つまりクラレット系のワインを低収量で作るタイプの作り手になっており、タイトル通りイタリアワイン史上初めてのワイン・アドヴォケイトポイント&スペクテーター100点を取ったというのが逸話になっています。
あ、ついでにここのクラレット版がガンベロロッソとってるっぽい。
両雑誌のポイント自体は意外とヴィンテージによって大きく差があり、安定感のなさから「家族経営系のほがらかな作り」であることが感じられます。

今回のモノはそのフラッグシップとなっているメルロ100%ワイン。
なんでも特殊土壌故にメルロの出来が恐ろしく良いのだといいますが果たして・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥(熟成で伸びそう)
最新ヴィンテージということで呑み頃感はなかった&たまーにスーパータスカンにある「フランスよりな冷ややかな子」というのが印象です。
色はエッジまで変わらず強い赤黒さ。
香りは落ち着いたタッチでプラムが主体。カフェオレ感があり、メルロ主体だけに葉物やミントなどの青臭さはあまり感じさせません。
基本的には香りの段階で濃厚なのですが、距離(香りの強さ)はそれほどでもない印象。
味わいは高級メルロド直球!な味わい。
しゃんなりとしたタッチで、評価誌高得点系にあるキャラメル要素の高さがまずは目立ちます。
ただ、それ以上にはクセがなくなめらかな舌触りは見事。
果実もしっかりしているものの、たまーにある(特に低価格帯だと)安っぽい印象は当然全くありません。
ただ、複雑に果実の変化があるタイプではなく、一種無機質なニュートラルな味わいになっています。
柔らかく冷たい生地なんですね。ふっくらした感じがないのです。
甘味もそこそこになっているバランス型の逸品。
個人的には、トスカーナの中でもこの手の暗めの子ってあんまーり好みではなかったり……
これもサッシカイアとかが良くあるのですが、イタリアに明るいカワイイキャラを私は求めガチなのでこういうのがこられるとちょっと動揺してしまいます。
あれです、エヴァンゲリオンの惣流アスカラングレーの美麗絵だと思ってリンク飛んだら終盤辺りの超鬱入ってる頃の絵で「いや、惣流さんですけどね?」みたいな。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥(同じく熟成による)
よって、2011年は今飲むには当ブログではあんまり高い評価にならないというのが正直なところなのでした。
イタリア系アメリカ系は比較的早のみしてもイける!ってケースが売りの一つでもあるので、そうした使い方がしづらいというのも若干扱いにくいのではないかと。
凝縮度の高いトスカーナメルロ、という個性は高いのですがサンジョベーゼを初めとするハーブ系の抜けと軽いノリはそこに存在しないのです。
よって、2万円という価格はかなり厳しいというのが私の感想。
なんとなーく作りてのプロフを見てても、ヴィンテージ個体差どころかボトル個体差もありそうで、宝くじ要素も大きいでしょう。
プレゼント向けではあります。
どちらかというと料理の合わせはフランスよりの重た目のソース主体料理で攻める方が美味しいかもしれません。

という訳で、レディ・ガッフィでした。
私、メルロ主体ワイン結構好きだったハズなのですが最近ちょっと苦手になっているな、と感じてしまったのが実はこのレディ・ガッフィでした。
カベルネ系の悪く言えば青臭さ、シラー系の悪く言えばジビエ臭さ、などが苦手な人にとっては逆にコレはいい選択肢になるかと思います。


人気は高くて楽天とかでは売り切れ率が高く、また2011年は出てないっぽい?


正直、クラレットスタイルのが気になる
関連記事

| イタリア | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/267-d85cc1bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT