オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ビビットアングル☆シンクアノン肉祭り」行ってきました

うぇるかむ!
昨日の予告通り、シンクアノン様を飲んでまいりました~

PtO9O.jpg

なんかスゴい状況になっているぞ!?

というわけで、ワイン好き兼アキバオタク会といった感じで飲んでまいりましたのです。
費用は持ち寄りワイン一本とシンクアノン様と料理の代金約1万円分くらい。
写真だとわかりづらいんですが、一番→のボトルがシンクアノン様ファイブシューター。
真ん中が私の持ち込み~、以前ここでもご紹介しましたエデュケイテッド・ゲスの2011年モノ。
←がシャンパーニュ。ちょっと私がシンクアノン様とアニメへのツッコミに精を費やしたので失念(ノートはとってるんですヨ!)
これ合計で4万円分ぐらいのワインなんだよね

y2RtO.jpg

今回は主催の方の家でのホームパーティーで、主催の方の料理の数々なのです。
前菜が見た目も綺麗な
パンツ見立ての芽キャベツプロシュートとテリーヌ
割りと最初普通に食ってましたスイマセン・・・
オリーヴオイルがサラッとかかっているんですが、超高級な。
キャベツとプロシュートが簡易ながらしっかりと食感と塩味甘みを作り、これがシャンパーニュとオイシイ!
パンツオイシイ!

1273H.jpg

鹿のミートソース~パスタはファエッラのリングイネ
今回はナパカベとサンタシラーなので、それに合わせた鹿肉ソース。
ファエッラってメーカーの平打なリングイネ(スパゲッティ)なんですが、このパスタ超旨い。
バリラがとりあえずいいんだよ!とか思ってましたが世界広かった。
鹿肉やワインにパスタの麺自体の味が負けないんですね。見事。

3tWao.jpg

肉肉!

PqXki.jpg

WOW!!NIKU!!!

相変わらず肝心な写真で質量を持った残像を生む我がスマフォ。
高い肉。
肉である。肉おいしい。
ピンクソルトと直引きペッパーでいただいた。
口の中にミルクが広がる。
それでアニメみてると、もうなんかこうアニメキャラを食っているようなんですね(錯覚
美味かったし肉の説明もあったんですが、正直この頃には私かなり出来上がっててネ・・・・・・

i1Xd7.jpg

〆ティーは確かマルコポーロのハズ。この紅茶も最高に品がある甘みで午後の紅茶が紅茶飲料であることを明確にしすぎる。
缶こーひーとかアニメ内で出てきても美味そうに見えない。
みよ、オタクは食器にまでこだわるのである。これいくらの食器だったんだろう・・・(もうお一方はセットで10万ぐらいの使ってた)

jHwxz.jpg

もいっちょ、紅茶ファンが踊りだしそうな奇品。
100グラム2000円ぐらいのマリアージュ・フレールのフルーツフレーバーティー。
かわいすぎる!
隣にさりげなーくあるパンも銀座周辺の最高に旨いパン屋(またしても失念!不覚!)のワインと最高に合う品々。
そして日本から絶滅したチョコ屋、フィフスアベニューのシャンパーニュチョコ(ワインボンボン)である。
このチョコレベル高すぎィッ!
生チョコ系なんだけど、なめらかなカカオチョコとシャンパーニュのブリオッシュでパン生地を噛みしめるようなニュアンスが見事にとろけて絶品。


と、大変楽しませていただきました・・・・・・

え、見たアニメ?えっと・・・


この人を主催に激熱推奨されつつ「9話から先はなかったことにしなければならない」と一同完全同意したビビットレッド・オペレーション。

新海先生やらを語りながら秒速5センチメートルの1話。興味ありつつ見てなかったけど、雪とか桜とかが舞って電車が出てくるだけでゲラゲラと笑ってしまうのであった。

これのOVAの「豆腐から小学生女子を守る為に股をカッぴらいて手を突っ込む」という世界最先端の日本というモノを勉強させていただきつつ
【送料無料】のうりん(6) [ 白鳥士郎 ]

【送料無料】のうりん(6) [ 白鳥士郎 ]
価格:641円(税5%込、送料込)


ベッキーなる役どころを斎藤千和先生ならびに田村ゆかりは一体何を思いながらやっているのか悩みつつ

これの1話が如何にクソアニメであり、如何にビビットレッド・オペレーションが面白かったのかを確認して終了しました。
スゴかった・・・

見事にドレもどこかしら残念なアニメであった。

シンクアノン=欠かせ得ぬモノ
という超哲学的な意味の込められたワイン云々を飲みながらだと、実に欠け得ぬモノとはなんぞや?と思わされる節もありましたネ。

いやぁ、意外とアニメ見てないことを気付かされました。ワインばっかりティスティングしてる場合じゃな・・・いや、しかし、そのうちの幾つもがこの脳内選択肢やらのうりん見たいなのだと思うとちょっと・・・・・・

というわけで、次回は「これらを食べたり見たりしてる間、永久機関のように飲まれていたシンクアノン様の実力」をじっくりネットリ書いちゃうゾ☆(CV:斎藤千和
関連記事

| アキバ系記事 | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/261-87c910f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT