オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワインブログの更新が滞りやすい理由~切実な「ワケ」とは~

20140223222509d37.jpg

うぇるかむ!
というわけで今日は所謂日記です!!

・ワインブログの更新が頻繁でない理由

間違いなく

ワイン呑んでるから

ですね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
色々な情報などはデータ化してますし調べ上げればいいんですがそこまで気力が追いつかない・・・
というわけで本日はお休みなのです。

・何を飲んでいたの?
カリフォルニアワインを赤主体に色々と。
カルトまで飲んできました。10種類ぐらいで合計2万円ちょっと!

・そこでふとセミナーの意義を考える
で、ちょっと考えてたんですが・・・
私って実はワインセミナーって行ったことがないのだけれどもしかしなくても、

「ワインセミナーって暴利的に価格設定が高い」

のでしょうか?
いえ、この間ご同席したOLさん二人の会話でね、

「シャンボール・ミュジニー村をひたすら飲むセミナーに2万円ぐらい使った」
「おかげでミュジニーかそうじゃないかだけは判断がつくようになった」

と語ってらっしゃったんですが、しかし一向に出てきたミュジニーの畑名やドメーヌの話にはならないんですね。
個人的にはそれは?って話なワケです。
何故って普通、ワインを呑んだ場合って特にそうしたセミナーやっててそういうタイプの人であれば畑(これがミュジニー特級オンリーなら話は別ですが)の話や
「~~って作り手が美味しかったわ」
ぐらい出るハズなんですよね。
すっごく不思議。
村をわかるためには・・・というかワインをわかるためには作手って相当大事なハズなんですね。
と、すると2万円もするセミナーは一体何をやっていたのか。
または何を試飲してどう話をしていたのか。
ソムリエから話を聞く、というだけなら実のところ多くのワインカウンターでは与えリ前に行われている事(今日も大変タメになりました)なのでハッキリ言ってある程度無料なんですよねコミュ障じゃなければ。

これはちょっと今後調べてみたいと思うのでした。
もしくは、私ぐらいの資格も無いスーパートーシロでももっと講座チックな事していいのかしら?(そしてその結果皆さんのワイン代があがるかしら?)


もう酔ってるので寝たいですねZZZ
関連記事

| コラム | 23:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まさにその通りだと思います。
畑、生産者、ビンテージ等の理解が得られないワインセミナーは非常に割高ですよね。。
同じ金額をワインバー等で支払った方が、遥かにいいワインが飲めるし、ソムリエの方との会話が弾めば、セミナーよりも遥かに勉強になりますねf(^_^;

| くろ | 2014/02/26 10:55 | URL |

>くろ様
うぇるかむ!
書いての通り、私はセミナー参加ってしたことが全くないのです。
なので、セミナーが絶対的に悪いかどうか判別がつけがたくはあります。
ただ、セミナーの多くで行われている「ワインの説明をして、飲んで、その感想を言い合う流れ」って私は当ブログでやっている・・・
加えてこの間のサクラアワードとか各団体がやっている内容の文章をみるとあまり参加する気が起きないのが正直な所です。

そしてワインを鍛える、という意味では私が底本のひとつにしてる(今では格落ちした感があるものの)「マイケル・ブロートベントのワインテースティング」という本の一節が最もかなぁと思っています。なので、当ブログでもボトル値段高いモノの試飲会に勇むのでした。

「最高級のワインばかりをきく機会に恵まれた、あるいは興味をそこに限定したような人たちは、それよりも下のクラスのワインを過小評価する傾向にあるようだ。ところが逆の場合、つまり下のクラスのワインばかりを飲むことに慣らされた場合ワインの品質についてはなんの情報も得られない!」

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2014/02/26 22:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/256-a9aaaa48

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT