オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

13種類葡萄、ヌフの総まとめレシピ シャトー・ド・ボーカステル

うぇるかむ!
本日で(まだまだやれるんですが)ローヌ特集は一旦ストップして、シーズン向けワイン=バレンタインに向けたデイリーで少し私も休みたいと思います。
っていうか神撃のバハムートが忙しい(オタクの性)

さて。
本日はひとまずヌフの代表銘柄で行こうかと。

sCSRN.jpg


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルは地方らしい紋章柄。ここもボトル部分は独自紋章ですね。
ヌフやローヌは特に、ボトルまで装飾が施されている点がコレクター魂をくすぐります!(そして、そういうワインを私は好意的に見ます)
作り手はペランさん家。シャーヴ様と同じくまだまだ血筋経営がされている模様。
作りの最大の特徴は
「赤は色々入れまくった方が、白はあんまり色々入れないほうが旨い」
という方針。
なので、今回のものはこの地域での栽培が許されている地域の葡萄13種類がすべて使われています。
公式から引っ張ってくると
ムールヴェードル、グルナッシュ、シラー、クノワーズ、サンソー、ヴァケラス、テレ・ノワール、ミュスカルダン、クレレット、ピクプール、ピカルダン、ブールブーラン、ルーサンヌ
空で言えたらきっと魔法陣が出てくるでしょう
基本的にはムールヴェルドルとグルナッシュが多め、というスペインスタイルに近いもののようですね。
評論家筋も概ね良い評価をだしており「ヌフといえば」という鉄板アイテムとして君臨しています。
その実力というと・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
こちらも前回まで同様一昨日抜栓のデキャンタージュ。
色は赤みが強めで若さを感じさせる印象。
香りはかなり甘く、どこか白ぶどうめいた感触もあります。
大粒のマスカット、クランベリー、ライチなどの白ワインに現れやすい香りにココアフレーバーとプラム、ラズベリーにチェリーほんのりスミレ・・・
なんか何書いてるのかわからないぐらい不思議な振れ幅があります。
味わいは干しぶどうやレーズンの甘さがしっかり感じられアマローネを彷彿とさせます。
甘さはまさに「ぶどう酒」といった具合でしかし良い物だとわからされる作り。
それとやはり味わいにアオリンゴなどの白ワインっぽさが見られなくないんですね。
タンニンなどはなく、強い果実の印象や甘みなのですがあと引けはすっきり。
複雑というよりは、要素の変化が異様に早くて良くわからないという感じかもしれません。
ペランの奇妙な冒険?
私のレベルでは、どこかふつうじゃないけれども美味しいと映る。
料理もどの部分を主張としてみるか・・・案外スペイン料理、もっと変わってイタリアンにもマッチングが良さそう!
これはヌフ、というよりボーカステルのワインなのです。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
1万円程度、という中で妥当性を見いだせるワインになっています。
現行の価格の推移としてとてもスタンダードなところに位置をつけた値段なんですね。
この個性的なワインは好き嫌いが出そうな気もしますが、日本人に飲みやすいですし、チャレンジの価値は充分にあるかと思います。
プレゼントとしても、価格や味のバランスに特異性、血族代々の楽しいアッサンブラージュまで揃って使いやすいワインでしょう。
ブラインドでこれを持っていった日には殴られそうですが^^;

というわけで、ボーカステル・シャトー・ヌフ・デュ・パープでした。
こういうめちゃくちゃなブレンディングをサラッとこなしたりするのが、私のローヌ系列の好きな部分。
それだけベースにする葡萄(今回ならばムールヴェルドルとグルナッシュ)が強いという証拠ナノデス。
それにしてもボーカステルは亜流も亜流。余力のある方は是非チェックを。

私が呑んだのは2010年。このヴィンテージはちょい高め。


輸入や高騰の具合から古めのヴィンテージのが安いんですね。この辺りはまた違った味わいになってそう!
関連記事

| フランス | 09:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/240-1935eac3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT