オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サンジョベーゼの真髄か カステル・ジョコンド・ブルネッロ2007

うぇるかむ!
サンジョベーゼといえば、イタリアの最も人気のある地ブドウです。
他国では本気で成功していないブドウ品種で、イタリアのワインにおいては色々な場面で使われている品種です。
初心者向けワイン本などでも、カベルネ・メルロ・ピノ・フラン・ガメイ(ボジョレーの仕業)辺りについで紹介される事が多いです。
ジンファンデルやムールヴェルドルはちょろっと字面でしか出てこないのにねッ!激おこぷんぷん丸ですよ!!
……取り乱しましたが、さて今回はその中でも名門のブルネロ・ディ・モンタルチーノです。

751364297.jpg


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
大手フレスコバルディ系列、その中でも看板アイテムがこのワインになります。
最古のブルネッロ用ブドウ畑というのがカステル・ジョコンド。
畑の大きさが15ヘクタール未満というのが語り草です。
評論家評価は過去にワインスペクターで95ポイント、アドヴォゲイトで90点。
ついでに、「神の雫掲載」と宣伝文句待ったなし。
ラベルの王が馬でパッカパッカやってるのも、自信の表れなのです。
ここの下位ラインは風景だけなんですから。

haido.jpg


香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
07ですが既に淵はエンジがかかっており綺麗に出来ています。
美しいスミレのニュアンスが真っ先に香りからも舌からも感じられる作り。
樽熟成は大樽一年半に小樽1年、瓶内熟成4ヶ月以上という樽のパワーはワインの色の割に強めではあります。
果実よりも花のような香りやまろやかな品の良さが目立ち、途中に少しスパイシーさを通過し最後はユーカリなどを思わせ爽やかにフィニッシュ!
この締め方がフランスのサンテミリオンチックですらあります。
芯があり、テクスチャもばっちり。抜群にエレガントと、高級ワイン向けな用語がガッツリ並べられますね~
ただし、花の香りが時間経過で比較的飛びやすくもあります。
年代によっては恐らくデキャンタをかけるかどうか迷わされるんではないかな~と。

コストパフォーマンス
♥♥♥♥
おおよそ5000円ちょっとという価格。その中だったら相当楽しめるワインだと思います。
女性好みなワインだと思うのですが、イタリアらしい実力のあるワインです。
惜しむらくはベストコンディションで飲む機会は滅多になかろうことでしょうか。

イタリアのいい上級ワインってフランスより年季の入ったものを飲むの難しいなって思うんですが、これもそう。
高い実力のあるワインなので、是非チャレンジしてみてくださいませ。
日本よ、これがサンジョベーゼだ(ハリウッド的

関連記事

| イタリア | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/24-4649defd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT