オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラングドックの最高峰 レ・バスティード・アルキエ・フォジェール2004

うぇるかむ!
毎日ギリギリ更新に最近なっている点が反省ですね来年はもっと規則正しくしたい!(どうせ叶わないOTL

さて。
そろそろ年の瀬という事で、何か企画をやろうかと思ったのですが
明日からコミケですし
気楽に更新したいものをやっていこうかと。

i7qDr.jpg

レ・バスティード・アルキエ・フォジェール2004。
ラングドックのワイナリーで。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルは紋章スタイルという南仏やローヌに比較的多いカラー。
ブルゴーニュっぽくはない紋章なんですね、ちょっとお飾りが多いといいますか。
作り手はドメーヌ・アルキエ。
1870年頃から始められている農園の、一番最初の畑より作られているのが今回のワインだそうで。
そこそこに革新的で、ラングドックがカリニャンだらけの頃からシラーやグルナッシュをやっていたとか何とか。
そもそも、フォジェールって地域が、例えると深夜アニメの超大当たりに被ってマイナーになったアニメみたいな感じですよ。
マイナー評価誌ではそこそこに好評、三星レストランオンリストなどなど割りとありがちな経歴もあるのですが、
調べてて笑ってしまったのは「神の雫のコラム掲載モノ」だった点。
異名に「南仏のグランクリュ」「南仏のロマ・コン」「ラングドックの3柱」「真の農業の味」などなどマイナーワインっぽい割にデカイ二つ名をお持ちになりまくっておりまして果たして・・・?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
色は少しエッジが赤い程度で、殆ど黒紫と言っていいでしょう。シラーにしても結構タフっぽい色艶。
香りにはハッキリとした肉っぽさ、スパイスの調子、樽っぽいバニラ要素などシラーの基本的な構成に忠実です。
特にベーコンのような質感がある辺り、ローヌ感があります。それでいてまとまりはある。
口当たりはシャープですが、とても肉々しくスパイシーさもたっぷりとした作りになっています。
バランスの良いいちぢくのニュアンス、みかんの果実など少し濁った感がある中に美味しさがたっぷりある。
それでいて、アフター自体はどんよりしすぎない点もグッド。
ちょっと相反してますが、少しこってりした濁り要素がありつつも、すっきりグイグイも飲めてしまう。
ようするに、素朴なシラー主体の味わいになっています。
割りと私は「シラーは基本を守っていれば美味しい」と考えるタイプ・・・・・・なんていいますか、ラーメンで言うなら味噌ラーメンの如くハズレの無いタイプがシラーという品種だと思うのですが、今回のワインはまさに北海道味噌ラーメンって看板に黒い筆文字でギュッと書いてるような感じでしょうか。
これまで書いてきたどのシラーよりも、フランス系シラーのらしさを感じられる逸品ではないかと。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
正直、ラングドックのワインとして7000円ぐらいなのは高いです。
しかしながら、ローヌワインだとしたらどの程度の値段かな?というとシャーヴ様ならヴァケイラスぐらいはある。
という事で、総合的にはまさに価格通りのワインだと思います。
個人的には5000円なら買いの部類。
一般的な人には、多くのウリ文句や職人気質云々もイマイチ伝わらないので、他のワインの方がオススメなのですがワイン通の人であればあるほど、このワインは面白い選択肢になるでしょう。
なかなか、7000円のラングドックって手に出しづらいのです。
逆にこれをポッとワイン通にプレゼントして「き、貴様もマニアか・・・!?」とグイグイとワイン薀蓄を聞かされないように注意が必要でしょう。

というわけで、レ・バスティード・アルキエでした。
少し古めの年号のシラー、としてみても優秀な逸品ではあります。地域的にお得感がないっちゃないのですが……
DRC斉藤氏の「南仏のロマ・コン」は流石神の雫だぜ誇大広告乙!!!!!!!!!
って感じですが、ロマネコンティ云々抜きな感じの純朴な一本だと思います(グラン・ヴァンってならまぁなっとくな)
因みに、こちらのワイナリーはセカンドなどもあるのですが、それらはセパージュが大きくことなりグルナッシュ主体で方向性が結構違います。
延長線上にこのバスティードがある感はありますが、値段以上に落ちると言いますか質感や意義が異なるので、購入はこのフラッグシップがベストかも。

最新ヴィンテージは05。04もまだあるみたいですね


何故かこのワイン、こんな感じで凄まじくこってりとした紹介文を載せるサイトが多い
関連記事

| フランス | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/215-ffc86264

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT