オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

X JAPANヨシキとモンダヴィのコラボって字面だけで面白すぎるワイン Y・バイ・ヨシキ2008カベルネ

うぇるかむ!
まだまだカリフォルニアのカベルネでガシガシ更新してまいります。
今回もかなりの色物を用意いたしました。

vGfjk.jpg

X JAPANのヨシキとモンダヴィ長男がコラボしたという
世界レベルの誰得ワイン
Y by Yoshiki(ワイバイヨシキ)の08年です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ここの評価点はですね、
面白けりゃ良いのです
という事で、もう面白すぎるので当ブログでは最高評価です(大マジなら♥♥だと思うのんな)
何故か意気投合しているらしい、X JAPANのヨシキとロバート・モンダヴィの長男で「エンブレム」や「ハングタイム」「メデューサ」といったカリフォルニアワインを手がけるマイケル・モンダヴィが発表したProject。
マイケル自身が「M by Michael Mondavi」という作品を既に作って、オーパスの昔のメイキングを再現しようというワインを作っているのですが、そのセルフ・パロディワインでしょう。
勿論日本限定販売。
アメリカワイン界の商業王ロバートの息子であるマイケルとしては
「ジャパニーズよ、がっぽり買うのです^^」
ぐらいの感覚だと思うのですが
それにしたってヨシキってッ!?
確かにロックスターのワイン好きはいますよ、いますけどね……
うちに以前来てくださってるIRON-CHINO先生とか歯がゆいでしょうに。

もうこういうコラボをマイケル氏がやるならば、それならいっそ、今なら
「Z by ZUN」
とか
「K by KON☆GOU☆DE-SU」
とか
「N by にゃんぱすー」

などなどクールに作った方が3倍ぐらい売れる気がしてなりません。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
そんなヨシキ氏は何を思ったのか
「赤ワインはフルーティーなのでオナシャス!」
とか頼んだ(ほんと~?)そうで概ねそんな感じのワインに仕上がっています。
色は透き通って軽めの赤。
香りに草っぽい印象が非常に目立ち、味わいも同様でここまで青臭さが目立つとカベルネワインというよりキャンティ?
果実感などはほんのりとレモンの絞ったような酸味がかなり強く、イチゴ系の要素がぽつぽつみられます。
とにかくライトな仕上がり。
繰り返しになりますが、味わいの方向性が安旨系キャンティに非常に近くなっているんですね。
かといって、苦味はそれほど感じさせないので兎角日本人好みではないかと思います。
料理にはある程度合わせやすそう、それほど長寿とは思えないがタッチ自体は軽みが強くて人は選ばなさそう、それなりの甘みと酸なのでピノ派にも好まれないことはなさそう・・・・・・
と、日本人監修にある程度納得が行く仕立てではありました。
またはイギリス人監修っぽいような。
無理やりグラーブっぽい?みたいな。

コストパフォーマンス(最大5pt)

キワモノ好きかヨシキファンでなければキャンティ・クラシコを買いましょ(提案)
6000円以上のカベルネ、という仕上がりには至っていないとティスティングの限りでは思います。
価格設定の印象はボージョレ・ヌーボーとおんなじぐらいです
(ボージョレ・ヌーボーはコストパフォーマンスで言えば最悪の部類)
というより、自分で書いてて言い得て妙な感じで「お祭りだから買う」のです。
また、話題性という意味では正直言いましてこれより一般ウケしそうなのはロマネ・コンティぐらいです。
多分今なら「ウケ」だけならボルドーグランヴァンやPGCCAやスーパー・トスカーナやカルト(ウン万円クラス)より↑です。
お中元チャンス!
そんな感じで買うのにあまりにも最適な品物となっています。

というわけで、ワイ・バイ・ヨシキでした。
これをワイン通向けのカードにするのは遊戯王だったら「意味不明のカード☆」って感じ。
しかし季節柄ならこれほどぴったりなモノもないのは事実。
興味本位で買ってみる、でもいいのです。予想外の味で面白いかもしれません。
ワインは味だけではない、の単純証明であると思います。

6000円中間価格で、これより一般ウケするワインは無いハズ



小泉元首相はこのセットを買いましょう(提案)
関連記事

| アメリカ | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/203-e6022abd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT