オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

禍々しい!ワシントンらしいカルトめいた「安旨」 スノークオルミ・コロンビアヴァレー・カベルネ07

うぇるかむ!
連日、アメリカのカベルネ特集をやってまいりました。
今回は更にグッと値段をさげて、流れにそったワインにしたいと思いまして。
ナパ最強→ワシントン最強→ナパコスパ最高→ワシントンコスパ最高という感じで。

HiwEA.jpg

スノークオルミー・コロンビアヴァレーの2007年。
どうですかこの禍々しい感じ!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルが葡萄タンク・・・なのまではいいんですが、文字とかシンクアノンに激似っていうかパクリ。
もうこの何ともいえないカルト感たっぷりのラベル!
正直、ジャケ買いしたんですが、
あんまりにも禍々しいっていうか不味そう
なので評価点は控えめに。
ラベルの人を選ぶ感じの割に、作り手の古さは1981年とワシントンでは古株。
現在はサン・ミッシェルという大手傘下にあり、マイナー雑誌であるワイン&スピリッツではバリューワイン選定されています(どれぐらいマイナーかというと、まぁ電撃PSとかそんなぐらいマイナーです)
今回のポイントは正直なところワイナリーというよりは、年号で2007年はアメリカ全体にとってのビッグヴィンテージなのです。
以前、ホーククレストを紹介しましたがそれもデイリーにしてはかなりよく出来たカベルネだったのが思い出されます。
まさに当たり年=2007、ボルドーの2009や2005年に匹敵するような感じ。
アニメでいえば、完全に豊作季という状態だった訳ですが、そのうえ現在は熟成過程。
ラベル以上のインパクトがあるのか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
うーん、ラベルほど面白い感覚ではないかもしれません。
色はハッキリと均一にコク、枯れ始めらしい色はエッジにも見られません。
香りはかなり良く、カシス・ハーヴ・バニラといったカベルネの主要な要素がバランス良く感じられ期待値が高まります。
味わいは結構ココア系のスタイル。これはワシントンらしさ、でしょうか。
そこそこにぽったりしており、ココアのような甘みが年号のわりに深めに感じられ、その分奥深さがない状態。
タンニンも結構強め。
香りからくる要素は殆どそのままに出ているのでわかりやすいワインといえるかと。
ただ、高額帯との違いにおいて決定的なのが、アフターが短く薄い印象な点。
これ以上寝かせてもそれほど良くはならなそうな酸味などもありますし、飲みごろなものの良くも悪くもデイリーなのだろうなという妥当性のある仕上がりになっています。
思いの外、シンプルに構成されています。
07年ものなカベルネのタッチなどはしっかりと感じられるので、2007年カベルネの味わいを肌に感じるには良い選択肢になるでしょう。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
これで2000円前後、ということを考えたら値段相応しいという他ありません。
2000円ぐらいならば納得で、かつその値段であれば充分に楽しめる品になっています。
ラベルの印象よりはしっかりとしたワインになっており、この価格帯の
「ダサい甘さ」
などは感じさせないシビアさもいいですね。
アニメでいえば、次元大介ポジな雰囲気!
あんまりにも人をえらびそーなラベルなのですが、好きな人には面白いとも思いますので、たまに活用してみてください。
個人のみにもいいですし、話の種になるラベルインパクトでも楽しめるかと。
やっぱり、個人的にはこういう「ラベルがなんか面白い」方が低価格帯は好ましいと思います。

というわけで、スノークオルミーでした。
ここのワイナリー、どれもこれも異様に禍々しいのでラベルを見かけたら冗談半分にご購入されるのが良いでしょう。
意外と誠実な味わいをしているのも特徴。
ワシントン系って、案外良く醸造を考え作っているモノが多くて、掘り出し物が多いんですよね。
チャールズ氏しかり、今回のスノークオルミーしかり。
今、ワシントンを抑えているインポーターがもっとバシバシ仕入れてバシバシ売り込んで(できれば安めにオナシャス!)くれると嬉しいなぁ、なんちゃって~(CV:ウサミン


ほんと人を選びますよねこの絵柄


なーんてラベルを評価してたら、最新ヴィンテージは平凡で全く面白くなくなってましたウワーン
関連記事

| アメリカ | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/202-1781650b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT