オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界一有名な不遇ワイン? オーパス・ワン

うぇるかむ!
第一回目の紹介記事になりますね。
緊張するわぁ。始めが肝心っていますけれど、大概私失敗することが多くって(白目

さて、そんな一回目はどうしてもこれでやりたかったのです。

O-PASU.jpg


オーパス・ワン。
良くある第一楽章という名前合わせでもあるんですが、それ以上に私がこうしてドハマリしてダブルピースブログ作っちゃうぐらいにワインに堕ちた理由がコレの試飲から。
思い出補正が多分にあるのですが、個人的に味の基準としてこのワインがあるので、最初のお披露目にと。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
最も有名なアメリカワイン、モンダヴィとフィリップ・ロートシルトが組んだベンチャーもの。
ガンダムでいえばカミーユとキラ・ヤマトが手を組んだみたいな感じでしょうか。
基本的な説明は、もうググってくださいw
ラベルのモンダヴィ&フィリップの肖像はもう伝説的ですね。まさにニュータイプ。

さて、ググってもらったと勝手に仮定しちゃいますが、歴史やネームに対して結構な不遇っぷりのワインでもあります。
発表当初こそ注目されていたものの、年々の値上がりや高すぎる知名度、それに加えた評論家達の批難にあってきているのです。
まず、世界一有名なワイン評論家パーカー氏が「ぶっちゃけ高すぎぃ!」と自分で名を広めといて言われたり、
老舗のヒュー氏が「どのヴィンテージもモンダヴィ単独のワインに劣る。フランスにとってはこんなもの脅威にすらならないですな」
などとドヤ顔で宣言されている事もあります。
(なお、近年では両方共に改善が見られるという評価になっています。手のひら返し!)
更に日本での評価も評論家によいしょして低く、「某おお・・・系ワイン漫画」では
「2000円のフランスワインに劣る」「どんな時でも愛想笑いぐらいしてくれる」
と、恨みでもあるかのように徹底して叩かれ(原作のキバヤシ氏がアメリカ軽視なのですが)
一時期ホスト&ホステスクラブで人気が出た為に、ドン・ペリニョン同様チャラいイメージがついてしまいます。
基本的にカルト好みの日本ワイン通界隈では、オーパスに対して酷評するのがステータス的風潮すらあり。
これがほんっと多い!
とりあえずオーパス・ワンの名前出すと「あれは大したことない」というオッサン率は新橋サラリーマン80%クラスです。

と、あんまり書かれる事がない酷評面を書いてしまいました(テヘペロ
それでも、これだけエピソードが多いワインも他になかなかありません。それだけのネームなのは間違いないです。
では実際のところはどうなのでしょうか?って話しなのですよ。

香り・味(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
私は過去何回かグラスティスティングしており、ヴィンテージは04・06・08・09を飲んでます。
どのヴィンテージでもまとまりが良く味わいの変化が早い印象があります。
呑んだ範囲のヴィンテージだと色はどれも濃い紫。
果実の香りの質が良く少し近づけるとミントっぽさが出ています、口当たりの円やかさはかなりシルキー。
カシスはもちろんのことイチゴっ気が感じられるのは、タッグのフィリップ側の影響を感じさせます。
樽からくるバニラの香りは程よく効いており、抜栓したてはイチゴキャンディーめいた雰囲気です。
このワインはとてもアメリカワインのイメージを作っている部分があり、その最たる部分が抜栓直後からの味の変化の早さ。
だんだんと果実のバランスが良くなっていき、後味にココアとミントの甘やかな味付けが出てきます。
流れるような動きで、余韻もたっぷり。
凄く調律された作り、完璧な美味しさの表現をしてくれます。
このインテリジェンスさこそ、まさにカリフォルニア!ナパワインの底力なのです!

O-PASUSAN.jpg

まさに高嶺の花なんですが、故に面白みというか癖を感じないワインではあります。
バランス型すぎ、またフランスとアメリカの両方の良いところを見せてくれるのが中途半端とも。
そういった点が評論家には響かないワインなのかもしれません。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥
味自体は優れていながら、しかしお値段に関しては多くの評論家と同じく「高すぎる」という感は私にもあります。
3万円以上大体の場合でしてしまうので、贈り物にしても他のワインが選ばれたり自分用にするにもセレブレティじゃないと難しい。
飲んでみる価値は、間違いなくあるのですが……


世間体や値段にさえ縛られなければ、悪いワインではないのです。私的には好きなワイン。
ただ、当サイトの場合値段は加味しちゃうのでこんな具合かなぁと。
知っているヴィンテージの中では08がいいかな。なお、私の思い出のワインは04です。

いかがだったでしょうか?初回なので後々見るのが恐ろしいです。
是非飲んでみてくださいね!

関連記事

| アメリカ | 02:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/2-d5d359da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT