オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

強烈タンニンのキラキラ ヴェラモンテ・リトゥアル・ピノ・カサブランカヴァレー2011

うぇるかむ!
コノスルで2連続更新いたしましたが、本日もチリピノで行きたいと思います。
さきのコノスル回はまとめると「値段が安くまとまりが良いワイン」でしたが、今回は新世界系らしく
「値段が安いが博打要素の高いワイン」
ナノデス!

BY9K1oVCQAAA9Zt.jpg


ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルが私好みの可愛い系。故に点が高いという(ドンッ!
ジェネシス後期にありましたよねこんなラベル。
後、無駄にボトルが重たい。あ、これで殴ったら人が死んでしまう!って感じの重たさ。
作り手はヴェッラモンテというワイナリーで、チリ系定番のコンチャ・イ・トロ派生系です。
そういう意味ではコノスルとも近かったりしますが、こちらのワイナリーの特徴はコンサルタントにポール・ホブスがついている点でしょうか。
オーパス・ワンやシミやピーター・マイケルで活動後に自身のワイナリーでPP100点獲得を果たす醸造家、のコンサルトするチリワインという事でポール・ホブス監修の中ではかなり安く買えます。
また、イギリスでの輸出が多くイギリス人好みのワインである模様。
で、こんな感じで説明がついています。

BY9LwBECMAAM9GG.jpg


ポール・ホブスさん流石にRRVって事はナイデショー。
それは「プロより上手い歌ってみたの人」みたいな表現デショー。
と、おもったところで果たして

香り・味わい(最大10pt)
平均♥♥♥♥♥♥(ただし一瞬だけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥)
特徴として、超がつくぐらいに強いタンニンのあるワインです。
果実の凝縮というより、タンニンの圧縮みたいな味が基本になっていて、抜栓から1時間後などの一般的なワインの開けてくるタイミングからはかなり遅いです。
っていうか1時間とかだと「あ、これ失敗だったな」っていうぐらいにキつい。
一本開けた感じでは、開けてから4時間ぐらいが一番フレッシュに美味しく感じられ、一日たつとなだらかではありますがかなり良くなります。
色はかなり濃い赤で透けもあまりなくしっかりとしています。
香りもウーロンや紅茶のミックスにプラムやブルーベリー、じんわりとスパイス感などが効いてくる濃厚なスタイル。
飲み頃のタイミングにぶちあたりと果実のジャムに各種茶葉の雰囲気、それでもなお強いタンニンで力強く感じさえてくれます。
アルコール感も結構キツめにあるのですが、それらが一体となって襲ってくるのでかなり良く出来ています。
私が茶葉っぽい味が好きなのもありますが、不安定な中で一瞬ものすごく良くなるアイテムです。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
これで大体1500円程度です。
正面からみるとブスだけど横からみると可愛い!
みたいなそんなワインになっています。上手いこと呑める人はRRVというよりは田舎なフランス系の最高峰と言って遜色ないような味わいを楽しめるハズ。
かなり飲み手と注ぎ手を選ぶワインなのですが、こういうワインのが安いラインで買うなら楽しいかなーと思います。
普段飲みのバリエーションに是非加えてみて欲しい逸材です。
味わい的に、もしかすると「寝かせる事」も可能かもしれないので余裕があるワイン上級者の方はお試しアレ。

という訳で、リトゥアルでした。
ぶっちゃけラベル買いしたワインでしたが、かなり楽しむことが出来たワインです。
正直、チリってすごくイマイチだとおもってスルーしてた向きすらあったんですが、こういうのを飲むと
「ワインは呑んでこそ」
と思いますね~

関連記事

| チリ | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/183-e924d3f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT