オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

戦慄の怪物! ドメーヌジャン・ルイ・シャーヴ・エルミタージュ・ルージュ08

うぇるかむ!
シャーヴ&ラヤス試飲会特集、最終はエルミタージュです!

BYJG5CTCcAABpih.jpg

・・・ん、やっぱりルージュとブランの写真間違えてるっぽい?
と、ともかく!シャーヴのフラッグシップエルミタージュなのです!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ブラン同様のラベル。
レアボトルを除くとシャーヴのフラッグシップキュベになります。
樽のみ醸造で18~24ヶ月の熟成、樹齢最古で80年、7区画ほどの葡萄のアッサンブラージュ。
それぞれ、ペレア・ポーム・エルミット・メアル・ベサール・・・などなど何とも呪文めいてきますがそれら畑のミックスエルミタージュ。
また、シャーヴは評論家評価が恐ろしく高い事でも知られていますが、出していくと

パーカーたん「間違いなく地上で最も偉大な醸造家のひとつ。シャーブの事を客観的に書けないとすれば、これは私が多くの点で彼らのことを賞賛している事実のせいである」
(なお今回の08はPP94とシャーヴの中では比較的低め)
ヒュー「赤も白も究極、そして最長命なフランスワインだろう」
などなどを初め、シラー好きな評論家から圧倒的な票を得ています。
漫画「ソムリエール」では何度か登場するシャーヴ。エピソードとしてスペインワインと間違われるというものがありますが、その時シャーヴとスペインワインを間違えたというオッサンをして
「負け惜しみと思うかもしれないが、若い君たちにはジャン・ルイ・シャーヴを飲んで欲しい」
と言わせるというようなものまで。
国内外問わず非常に知名度と人気が高いといえる代物。

その実力は・・・もう、ね?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
なんだこれはぁぁーーーーーーッンマイなあああッ!!なんだこれッ!?ンマイなぁぁあぁぁーーーーーーーーーッ(CV:東方定助)

色はかなり濃くしかしながら赤っぽさが意外と多め。
香りは・・・か、かおりは、お、おぉ・・・?おおん?おおおおおッ!?

sya-vusama.jpg


シンクさんが恐怖しているッ!
香るだけで汗が出てくる恐ろしい程の官能!(実話です。香りだけで顔から一筋汗が垂れおち全身鳥肌もの)
なんとか書き記すと高級肉を焼いたような食欲をそそる香ばしさにハーヴと高級胡椒が混じったスパイス。
更にブルーベリーとルバーブなどの甘く独特の酸味をもつ果実や野菜のニュアンスにスミレなどの品、緑系ベジタブルのソース感とバニラエッセンス少々……
まさに高級シラー。
香りだけでそこに一流の作品があります。すごい。
味わいはそれでいて非常にきらびやかで繊細ナノデス!
スパイシーだし甘さもありますが、バランスは薫る部分を強く打ち出しており。
高級な肉メインのディナーを思わせる圧巻の口運びにラストに残るフルーティーな酸と甘味が綺麗に抜けていく感覚。
最後の最後まで見事な高貴さ。
これほどのボリュームでありながら、あくまでも女性的な部類というのがやばい(もう小学生みたいな感想しか欠けない。
官能的すぎる。飲まずにいられない。それは吸い込まれるような……

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(コスパで測るべきではないと思いますが)
買えるなら買いましょう
今回は、そのお店では売る場合は2万2千円という価格でしたが、ハッキリ言いまして安すぎです。
10年後が飲みゴロだそうで、是非自分用と布教用と投資用で確保しましょう。
この為にお金をためましょう。
そういうレベルのワインだと思います。

という訳で、シャーヴエルミタージュでした。
おそらく初の当ブログの満点ワインでしょうか。
世界の絶賛に多少訝しむところがあった私でしたが、飲むと圧巻といいますかすごすぎて震えますね。
個人的には最上位にあげたいワインとなりました。
なにせ香りだけで汗をかくなどと・・・流石に生理現象を引き起こされたワインは、これまでだと「思わず泣いてしまった」シャトー・イケム様と「思わず汗をかかされた」ジャン・ルイ・シャーヴエルミタージュの2本ですからね私。
自分も是非所有したいなぁ。


関連記事

| フランス | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/178-03848b9a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT