オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

まさにイタリアン白 スアヴィア・ソアヴェクラシコ・モンテ・カルボナーレ

うぇるかむ!
ソアヴェ特集もひとまずここで一件落着させようかと思います。
最後は私がソアヴェを見直すキッカケとなったワイナリーで。
このワイナリーはどれもお買い得といいますか、めちゃくちゃよろしいので文句なしにどれでも買い!とまたしても太鼓判なのですが、今回はその中でも中域にあるミドルクラスのもので。

BXLQENECQAAFlC-.jpg


スアヴィアのソアヴェ・クラシコ・モンテ・カルボナーレ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルはクラシカルなイメージで、これまたあんまり映えない印象。
ソアヴェの人達って基本的に地味なラベルが多いですね^^;
なんというか、絵や話自体は旨いのに表紙のカラー塗がイマイチで売れない漫画みたいな・・・・・・
作り手自体はテッサーリ家という一族が1887年ごろから所有しているぶどう畑。
もしかすると貴族畑かしら?
1982年までは卸のみ行っていたのを止めてワイナリーに切り替え、現行は家族の4姉妹が共同して運営しているという家族経営系です。
ここら辺りまでは、そこそこありがち(女性経営な辺りはイタリア的ですが)なのですがソアヴェとしては専門家評価が高いのが特徴です。
テーブルのソアーヴェ・クラシコ名義はスペクテーターのバリューワインに、アドヴォゲイトでも最下層ラインからチェックが入っており、ガンベロ・ロッソもトレビッキエーリはとれています。
今回のカルボナーレはPPとスペクテーター両紙で大体88~91ぐらいがとれている模様。フラッグシップのルリーヴ(レ・リヴェ)は90点以上がとれていますね。
この評点というのは、同じソアヴェでより有名で今回の特集中に紹介しましたワイナリーの中だとピエロパンと同程度でジーニやアンセルミよりも評論家筋に限れば高く評価がつけられていると見えます。

モンテカルボナーレは単一畑モノで、ここのフラッグシップとは別の畑になり3万本程度の作り(フラッグシップは7000本)
クラシコ地区ですし、基本的にはソアヴェに最適な立地条件かなと。

で、その実力はというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
しゅっごい美味しい(ダブルピース)
色はそこそこに黄色感が感じ取れるようになっており、透け感もほどほど。
香りはハーヴ感が感じられ、そこに青りんごや洋梨の印象と柑橘感がフレッシュに感じられます。
酸が非常にエレガントな味わい。
少しの金柑やルビーグレープなどの黄色系柑橘果実の印象がたっぷり感じられ、果実感が非常に強く出ているんですね。
かなりミネラル感があるものの、果実ベースがとても強いので「なんかしょっぱい」という事はありません。
口当たりもなめらかで、ほんのりとお米の甘み。
アフターも品種らしい洋梨の印象を残しつつゆったりと消えていきます。
バランスが非常に良く出来たソアヴェ。というより白ワイン。
高級さを感じさせる、というには尖った要素は少ないのですが、ソアヴェの主軸をいかしつつしなやかに出来たワインになっています。

suavia.jpg


コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
これで3000円チョイです。ブラボーです。
こちらのワイナリー、そのワンランク下の畑ミックス版が1000円引きで、更にもうワンランク上の畑で樽がバッチリ使われているのが1000円上げで買えます。
その中間点、非常に間をとったモノとなっているんですが正当に価格に応じて味わいの濃さがあがっていきます。
で、あるならば単一畑モノで3000円というのが一番面白みがあるんじゃないかな?と。
ガンプラでいう、HG・MG・PGみたいなモノですね(このカルボナーレはMGぐらい)
ソアヴェ全体としてみえば、高いワイナリーなのですが、相対的にみてどれを買ってもコスパは個人的には最高。
是非魚介といただいてみてください。生物もOKだと思います。

という訳で、絶賛ソアヴェ最終回でした。
ソアヴェの要点として大事なのは

・味わいの途中で変な雑味がないこと
・口当たりが軽すぎないこと
・ちゃんと酸と甘味がありつつ、フルーツ系の味わいがあること

などなど普通の白ワインと同じポイント。
良いワイナリーを買うと、これらは当然クリアしつつ個性的な味わいの世界が楽しめますよ。
何より、フラッグシップでも殆ど5000円前後で買えてしまうというので案外とフルに堪能しやすかったりも。

味わいとして、基本のベースは
「柑橘系・梨などの大柄な緑果実・ミネラル・日本酒のような甘み」
この4点、実に日本人好みだと思いません?
また料理と合わせるにも非常に日本的なイメージがわくのではないでしょうか。
なので!私は日本人が大好きな「日本料理とワインをあわせる」の結論にソアヴェを提案したいと思うのでした。

レストランのグラスしゃばしゃばソアヴェで「不味いぶどう品種だな」と思っている場合ではナイノデス!
是非、お気に入りにの一本を探してみてくださいませ。

ソアヴェ・クラシコ/スアヴィア

ソアヴェ・クラシコ/スアヴィア
価格:2,100円(税込、送料別)


関連記事

| イタリア | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/169-03a557c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT