オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ソアヴェの革命児! アンセルミ・サン・ヴィンチェンツォ

うぇるかむ!
大分時が過ぎてしまいました。私もそこそこ忙しいのですうふふ・・・
(と、とはいえ、それでもワインブログの中では更新多めなんですからね!)

さておき。
ソアヴェ特集も後2回ほどにして、次の特集に進みたいなぁと思っています。
そこで、今回から二回はかなり新しいといいますか「革命児的」なところを抑えていきたいなぁと。

BXFJXo_CMAALO0K.jpg


アンセルミ。ソアヴェでありソアヴェでない。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
ラベルがちょっと地味なんですが、その情報のあり方がかなりクールだったりします。
もうちょっと地味さがなくなればそれだけでこの項目はパーフェクトなんですが、ピエロパンとかと比べても目立たない感じ。
が、知ってる人にとっては目立ちまくってるのがアンセルミなのです!
ソアーヴェクラシコの最高峰として知られているのがアンセルミ。
当然の如くDOCどころかソアーヴェ名義で名乗っていません
うだつのあがらない、低品質ワインの連中扱いされてしまうソアヴェに憂いて、ソアヴェ名義を脱退。
なので、ワインの名前としてソアヴェの名前が冠されていません。
典型的な「くたばれDOCG!」勢な訳ですが、他にもフレンチオークの使用などいかにも革新的な要点があり、彼らを見本にして作る生産者も多いといいます。
どちらかというと、美味しさに重点がおかれているワイナリーなので、クラシカルなジーニやピエロパンとは毛色が違うのも確か。
なので、それら伝統派のあとで是非試してみて欲しいワイナリーですね。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥
今回の特集で最初に掲げました「日本料理に合うお酒」として、ソアヴェがいい線いっていると思う理由はコレです。
色は少し黄色みがついたクリアなカラーリング。
香りはしっかりとした若葉と強めのグレープフルーツフレーバー。
ここまでの印象で、一瞬シャルドネかと思うぐらいなのです(10%ぐらい入っているにしても)
味わいは比較的ソアヴェとしてはしっかりしており、凝縮感のある質感に甘味がしっかりノリます。
それに緑系の果実のパワーがしっかり出ていて梨全般をカゴに入れたように彷彿とさせます。
すごく近代的な印象。あくまでも「カゴに入れたような」質感なんですね(ポエットですが)
アフターまでは濃さが残らずに爽やかに、それら果実がサラッと飲ませてくれるというワイン。
ソアヴェであり、ソアヴェでない。
しかしながら、ソアヴェの・・・ガルガーネガという葡萄の実力を感じさせてくれる出来になっています。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
で!それで!2000円アンダーです!!
この色づきやボディの重たさ、そしてアフターの軽やかさなどを手に入れつつ2000円アンダーで買える・・・定価でも2300円というバツグンのスタンダードモデル。
これをノンだら2000円くらいのシャルドネは呑んでる場合ではありませんよー!
また、濃い目ながらヴェネトの味わいは持っているので、お魚料理にしっかり使えるのも良いポイント。
テーブルワインにもいいし、この抑え気味の値段でバランス良く楽しませてくれるでしょう。
個人的に、日本人が大好きな「日本料理にあうワイン」の答えとして提案したいワインです。
うーん、ちょっと試させてくれるところないかしら?

という訳で、アンセルミでした。
私も阿部バーで叩きこまれましたので、知ることが出来ましたがソアヴェ界隈では超常識。
ですがやっぱりまだまだ日本浸透していない感じがするワインでもありますね。
そう!そこのソアヴェ未経験者といいますか
「え~、ソアヴェ?ソアヴェねぇ・・・ふぅ~~ん?」
とか地獄のミサワ面してるモンラッシェ原理主義!これを飲んではじけて混ざれ~~~!!!


サン・ヴィンチェンツォ/アンセルミ

サン・ヴィンチェンツォ/アンセルミ
価格:1,974円(税込、送料別)


関連記事

| イタリア | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/168-74bd57da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT