オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ソアヴェといえば! ピエロパン・ソアヴェ・クラシコ

うぇるかむ!
代名詞と言えるワイナリー、というモノが各ジャンル存在します。
スーパートスカーナのサッシカイアだったり、ボルドーの一級シャトーだったり、カルトワインのスクリーミング・イーグルだったり・・・・・・
そうした括りのうち、ではソアヴェの場合何になるか?と言われたらつまるところ「ピエロパン」なのです。

BWscD77CAAAZ0Eh.jpg

という事でまだまだ続くソアーヴェ特集、今回はこちらのソアヴェ・クラシコで。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルは基本的に紋章柄。その中でも緑赤を主体としたクラシカルで結構格好良いデザインの方だと思います。
ピエロパン、というとソアヴェの中で唯一無二の知名度を誇るワイナリー。
アニメ好きじゃないけどプロダクションIGは知ってる!みたいなぐらいに有名です。
ということで知ってる方も多いとは思うのですが、その感覚は実にイタリア的です。

・昔からの伝統生産者で、丘領地斜面畑(丘領地斜面は超リッチな立地、これに)
・もしかするとお医者関係者とかが作っていたらしいけど、もしかして貴族畑?
・DOCGをあえて名乗らなかった所謂「だが断る系生産者」でもあり。
・実は赤ワインなんかもやりはじめててアマローネに着手中

この辺りの、実にイタリアンなエピソードが嶺上開花なのです。

今回のワインはその中でも一番身近といいますかテーブル価格帯のタイプになります。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
何度か経験があり、一度ジーニとの飲み比べなども実施しました。
色はジーニのものと変わらず基本的にはソアヴェらしいカラーリング。
香りには少しのペアードや草系のニュアンスがあり、果実感はフレッシュというよりはぽったりしている印象。
味わいのアタックが洋梨のジュースのような果実の見え方!
そこをしっかり香草の印象で品位ある作りにしています。
どちらかというと青さがあるタイプで、クセは割りとある方ではないかと(これがガルガーネガ種のクセ?)
爽やか要素と果実系の厚みがバランス良く作られているタイプ。
個人的にはこのぐらいの重たさからが「ソアヴェ感」だと思うのですが、テーブルワインで出てくるぐらいのソアヴェ慣れしてしまっていると、想像外の濃さっぽい?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
改めてこれを飲んでみると、大御所と言いますかソアーヴェの真髄と言える部分はハッキリ感じられると思います。
ガルガーネガの実力と生産者や立地、そういった環境のワインが2000円アンダーの1500円前後が相場というのが現状のソアーヴェの魅力でもありますね。
また、ピエロパンに関して言えば非常に流通数が多い点もポイント。
買いやすく使いやすい、という意味でテーブル白ワインとしてバツグン!
一本、適当に置いておくとかるーくなんとなーくオシャレに出来ますので、友人を家に呼ぶことがあればサラッとこちらを使いつつオリーブオイルたっぷりなパスタを使えば気分はモコニキ!

という訳で、ピエロパンのテーブルクラスでした。
あんまりハズレがない(この味が好きならば)というメーカーであり、基本中の基本としてこちらも抑えておきたいワイナリーですね。
イタリアの白ワインを知る、という意味では外せません。
もう終わっちゃいましたがワイン関係試験の方にとっては必飲?


関連記事

| イタリア | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/166-afe4ef84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT