オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

LE VIN ROIS LE ROI DES VIN グリュオ・ラローズ2010

うぇるかむ!
連休中はがっつり休ませていただきましたー。ちょっと休養も必要ですよね・・・
2010特集、クライマックスは特に私の好きな地域での紹介で終わろうかと。
最初のリストにのせつつ掲載していないのは・・・まぁ、別の機会に是非。

さて。
そういった訳で、行きますよサン・ジュリアン!

BUz1GzVCEAAp9c-.jpg


呑んだ中ではここは外せません。
グリュオ・ラローズです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ラベルは伝統と格式の紋章づくり。
「LE VIN ROIS LE ROI DES VIN」
(ワインの王 王のワイン)
という迫力のお言葉が相応しい二級シャトー。
名前の由来は元所有者からというのもなんとも伝統的な……
外付け的なエピソード要素は、ボルドーの中では少ない方でまさに脂質剛健ですね。
評論家評価は「熟成向け」「ヴィンテージにムラがある」というのが概ねかしら。
それも一般的なヴィンテージ差というよりはグリュオ・ラローズ特有のムラッ気があるようで。
90年台後半からは減農薬栽培もしているようで、よりムラが出ているかも?
2級として相応しいというのが一般的。このヴィンテージはPPで93点ぐらいのようですね。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(今飲むならマイナス♥)
少し固い印象もあったのですが、バツグンの潜在能力を感じさせます。
色は透けない赤紫、あんまりこすぎない程度。
香りは若々しくカシスの強さがみられプラムと少しの血のニュアンス。タンニンたっぷり。甘草系はあまり感じなかったかも。
味わいはサン・ジュリアンのスマートさをとことんまでやりぬいた威厳と風格の仕立!
メルロが強めなのか、口当たりのシルキーさと少しプラムっぽい渋みが感じられますがまとまりよく味全体を整える形に抑えめてあっていいですね。
カシスとクリームの印象も良く淡麗。
ただ果実のバリエーションは少なく細かい小さな果実感などはないかも(熟成していないため?)
それぐらい、どっしりとして力強い印象です。
流石70年台の優良ヴィンテージは長年寝かせるべしとされているだけあるかな~と。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
概ね1万円ちょっとぐらいでしょうか。
所謂2級の中でも比較的買いやすい部類と言えるのではないでしょうか。
総合したワインの価格としては高いんですけれど、相応しいなりにはお得度があるかも。
また、今回の2010年の中でも明らかに(呑んだ中では)熟成をオススメしたい!
トーシロな私でも解るぐらいに、熟成した時に化けそうなワインになっています。
そうした意味では、ギリギリで投資にもなるワインかなぁと。寝かしておいて強そうなワインがこの価格、という意味では、現行ボルドーなら妥当性アリかも。

という事で、グリュオ・ラローズでした。
品格のある内容になっていて、なるほどってかんじでしたね。
どっしりとして堅物、正統派の味わいでございました。

シャトー・グリュオ・ラローズ [2010] 【750ML】

シャトー・グリュオ・ラローズ [2010] 【750ML】
価格:9,490円(税込、送料別)


関連記事

| フランス | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/153-9b61d206

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT