オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

提督御用達! ベイシュベル2010

うぇるかむ!
さて、ボルドー2010特集第一回目は敬意もこめてこちらにしたいと思います。

BT4m8H-IYAAN8Oy.jpg


ベイシュベルですね。
艦隊これくしょん略して艦これがアキバ系オタク界隈を席巻するなか、当ブログとしては必定のアイテムでした。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ラベルは伝統の帆船マーク。
ボルドーの場合、基本的にはシャトー(醸造所)の絵が飾られるんですけれども、2割ぐらいはあんまり関係ないスタイルがとられています。
その中でも有名な方で、特に今であれば当ブログ的観点ではクリーンヒットなのです(アキバ系は今、艦船に夢中ナノデス!)
でなければ、マイナス♥かしら?

ベイシュベルの由来も本格的に提督絡みになっています。
フランス海軍提督エペルノン公城の前を船が通る時、提督に敬意を表して帆を下げたとする「ベッス・ヴォワル(フランス語で帆を下げる)」がなまったものがシャトー名の由来だとか。
また、醸造所の庭園造りが随一で美しい事から「小さなベルサイユ」の異名を持ち、観光名所としても知られているそうで。
ついでに、サントリーも共同経営、ラグランジュ同様日本に縁のあるシャトーとなっています。
肝心の味わいの方針については・・・評論家各位の点数自体はぶっちゃけサンジュリアンの中では低いところに位置していて、割りと熟成しないスタイルでわざと作っているのが特徴。
比較的早のみに向いているとされていますが果たして?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
四航船、ベイシュベル、出ます!(言いたかっただけ)
色は紫が非常に強めで透けず、ハッキリと若いお酒であることがわかります。
香りはカシスよりもプラムが目立ち青々しい印象。香り自体は強くできていますが、結構シャープな。
味わいは硬派な印象があり、これはメルロ比率の高さでしょうか。
甘味は抑えた作りになっており、タンニンと酸が結構目立ちます。
無糖ブラックコーヒーのよう。
スパイスのタッチ、杉系の香りの立ち方が特徴的でクラシカルな雰囲気すらあります。
味わいの雰囲気としては現状だと地味だとすらいえるかもしれません。
またはメルロの開きの悪さ(早のみって言われる由縁なんですが、個人的にメルロってよっぽどしないと美味しくない品種だと思います)かな~?
この年号の中では一番「フランスワイン的」な印象をもったワインでした。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥
今飲む分にはあまりオススメな印象はないかと。
8000~1万円という価格帯に見合ったワインだとは現行はあまり思いませんでした。
4級としても高い方の部類ですし、サンジュリアンとしてはそこそこな感じで個人的にイチオシの村ではありますがその「硬派な部分」がちょっと強調されすぎちゃってる感。
デレないツンって雰囲気が今は強いかも。
その分、スパイスなどの重たさから後々の成長は案外あるのかもしれませんね。
ベイシュベルのストーリーライン自体は非常に秀逸なエピソードですから、やはり贈り物として使うのが一番ではないかな~

という訳で、ベイシュベルでした。
建物の派手さに対して味わい自体は地味かも?
なんとも、ボルドーらしいワインという・・・・・・それは味わいとしてもエピソードレベルの伝統的な高さという意味でも。
なので、古典的なワインがいいんじゃ~という方には率先してオススメできるワインかもしれませんね。

シャトー・ベイシュベル [...

シャトー・ベイシュベル [...
価格:11,900円(税込、送料別)


関連記事

| フランス | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/147-427c3882

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT