オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボルドー2010ティスティングノート概要☆

うぇるかむ!
という事で今日からボルドー2010年祭りという事でいきます!
これから2010年ボルドー産ワインに限ってしばらくお伝えしていく訳なんですけど、
当ブログ考えてみれば初心者向け要素あったなぁと
改めて感じたと、同時にオーストラリアのクラレットに絶望しているので、少しどういった展開をするのか簡単に説明を。

まず、超初心者向け。
「ボルドーって何それ?美味しいの?」
という方はググれと言いたいところですが「艦これ」で戦艦の名前ばっかり覚えているアキバ系オタクにも、すぐわかる要点でお教えしましょう。

・フランスの産地です。以上(キリッ
・ブドウをカベルネ・ソーヴィニヨン種、メルロ種、フラン種を主体としたワインの産地。
・カベソー、メルロ、フランにムールヴェルドルやプティ・ヴェルドなどを若干混ぜたスタイルは「左スタイル」。
・メルロとフランを主体に作ったのが「右スタイル」。これらはガロンヌ川という川のどっち岸かで言われています。
・これらのスタイルを他国ではクラレットと呼ぶ。ジェームズ・ボンドもそう言ってました。
・それぞれに「メドック格付け」「サン・テミリオン格付け」などの「ワイン製造社を等級で分ける」有名な格付けがあり最大の特徴。
・ロマネコンティがあるのはフランスの「ブルゴーニュ」、ドン・ペリニヨンがあるのが「シャンパーニュ」。今回の「ボルドー」の産地とは使っているブドウも場所も結構違う。
・じゃあ、ボルドーにあるのは?というので筆頭にあがるのがメドック格付け一級の「ラフィット」「ラトゥール」「マルゴー」「オー・ブリオン」「ムートン」とサン・テミリオン格付け特別A級の「シュヴァル・ブラン」「オーゾンヌ」に元祖シンデレラワイン「ペトリュス」「ル・パン」
・ここまではワインスノッブでもわかる超常識で、更にマニアックに攻める場合は産地の村の名前もバッチリである必要があります。

要点でコレですよ
これだからワインはって感じなんですけど、フランスが特にこうした形式美学まで範疇に含めた
歴女向けワイン
なのでしょうがないのです。もっと一杯書いて戦国武将並みに皆さん詳しくなってください(ドンッ

で、今回は基本的に左岸、つまりメドック側のワインでの展開になります。
それと「なんで2010ヴィンテージなの」というと、販売店側が新規に仕入れたんですね。
つまり、現行ヴィンテージになったばかり=我々一般消費者が飲める中では最も若い状態=ボージョレばりに2010年を測るのにぴったり。
ナノデス!

今回、私はそうしたボルドーの2010モノでティスティングカウンターに通ってのノートとりとなっています。
なのでボトル抜栓タイミングはまちまち、平行でもないし私自身の体調も機微がありますがほぼ同じ店で敢行していますのでグラスなどの状態は近いです。
また、私自身のレベルが未熟極まるモノなので、正確性や熟成へのポテンシャルと飲み頃までは図りかねます。
という言い訳をしつつ、今回呑んで参考にしている2010ワインは
こ れ で す !

・フィリップ系列の一神「ダルマイヤック」(5級)
・フィリップ系列の二神「クレールミロン」(5級)
・ジャコブ系列の3級ロスチャイルド「デュアール・ミロン」(3級)
・サン・ローランの刺客「カマンサック」(5級)
・提督御用達「ベイシュベル」(4級)
・軍神「タルボ」(4級)
・ラバルド村の問題児。人魚印の「ジスクール」(3級)
・格付けを超える超果実「ソシアンド・マレ」(格付け外)
・ボリー家系列の5航戦「オー・バタイィ(オー・バタイエ)」(5級)
・宇宙級一級のセカンド「パヴィヨン・ルージュ」(1級のセカンドワイン)
・遅れてきた格付け「カントメルル」(5級)
・王のワイン「グリュオ・ラローズ」(2級)
・悲しみよサヨナラ!「シャス・スプリーン」(格付け外)

じ、地味ーな気もしますね並べ直すと……
この頃、もうちょっと呑んでる気がしましたけどヴィンテージ違ってましたうぐぐ。

という訳で、これらワインの中から幾つかピックアップして書いてまいりますのでよろしくナノデス!!


ボルドーとも今回の規格ともほぼ関わりないものの、私が今現在今回の特集やるのに打ちひしがれている理由をこっそりリンク張っておきますね。
関連記事

| フランス | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/146-40cfbd07

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT