オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ややこしいラベル!リアルワインガイド絶賛のマルチヴィンテージイタリアの実力とは? コレッツィオーネ・チンクアンタ +1

うぇるかむ!
イタリアヘンテコ特集?な感じで次は赤ワインのヴィンテージまたぎブレンドです。

20170920215808299.jpg
コレッツィオーネ・チンクアンタ +1
最近出始めた旨安系イタリアであります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(リアルワインガイド好きなら+♥?)
ラベルはずらっと年号が書いてあるというデザイン。なんでも50周年記念でこれを開始したそうで。その後も作り続けてて+1+2・・・といった具合にカウントしてるんだとか。
2017092021582501e.jpg
今回は+1ですネ。

作り手は50年来1200以上からなる農業組合サン・マルツァーノ。
プーリアで古樹などを主体にして作っている海沿いの畑から今回のシリーズは作られているらしく、50周年を記念してプーリアの次品種なプリミティーボ(ジンファンデル?)とネグロアマーロの50%ずつブレンドしかもマルチヴィンテージという代物。樹齢も大体50年ぐらいなんだとか。
で、ですね・・・・・・私実は、このワインを見た時に
「え、こんなに沢山の年号のミックスなの!?そりゃすごいなぁ!!」
と思って購入しちゃったんですけど、マルチヴィンテージといってもせいぜいここ2~3年ぐらいからのミックスなんだそうで、1960年とかの葡萄は全然入ってないんだとか!
ややこしいな!!
さておき、そんな訳でわりとポッと出の組合ワインでしかも色々とミックスしすぎてるタイプのワインなんですが、国内での評価は結構高かったりします。
まずリアルワインガイドが2016年の旨安大賞に選んでまして、しかも4軒同時推薦というレアケースだったんだとか(表紙こそエステザルグ組合に譲ってますが)
あ、ついでにあの「わかりやすいワインに高い点が贈られる女尊男卑商法のサクラアワードでゴールド」というどうでもいいのも一応。
どうでもいいのよりも遥かに重要なのはひとりぼっちさんで紹介があり、流行りのイタリアン目黒イカロでボトルサーブされているらしいこと(ミシュラン1つ星だヨ)
食通が足を運ぶイタリアンでの採用もあるわけでして、果たしてその実力とは?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(濃いの好きなら+♥)
ド濃い!
思いっきり濃いスタイルです。っていうか殆どアメリカワインチックとすらいえる。ド濃厚なタイプの旨安ですネ。
こういうタイプ、リアルワインガイド推しだったっけ?
20170920215934b71.jpg
色はほぼほぼ黒、透けません。
香りに紫の果実感やスミレっぽさが満載で、紫のペンキがベチャッ!っとスプラトゥーンばりにつくような感じ。
同時に樽っぽさも強く出ていて、アイスクリームっぽい要素も。
そこにペンキがオラついている。
味わいもほぼほぼ香りまんまで紫果実のパワーで押し切るタイプ。
口の中もペンキでドバドバとぶっかけられていくような感触、液体感も重たいですし。
チョコっぽい雰囲気も出しつつ、強い一撃のまま終わるので余韻も短くはないのですが長く感じないという不思議さ。
全体の構成がとにかく重いのですが、安ワインの重たさの中では割りとしなやかより。
これを出すイタリアンって事は相当料理の味もしっかりしているんだろうなとか思いまス。
とにかく弾幕はパワーだぜ!な霧雨さん(魔法使いのフォーマットは完璧にこなしている)。マスタースパーク!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(濃いの好きなら+♥)
お店によってまちまちで2500円ぐらいから3000円までで値段が推移している様子(希望小売は3000円なのかな)。
濃厚なアイテムとしてはなるほどちょっとカルトチィックですし面白い部類かなとは私も思います。
ただ、3000円ぐらいって結構選択肢がありますしそこまで抜きん出ているとも特別は感じなかったのが正直な所。
これ系って「一杯飲んだらお腹いっぱい」などとイメージで言う人もいますし。
20170920215921327.jpg
プレゼントには瓶の上の方までなんか凝ってたりしますし、例えば相手の年齢に合わせてマーカーでも引いてあげればプレゼントとして簡易なヴィンテージワインっぽく見せる事ができたりで値段の割に使い勝手があります。
工夫次第で伸びるアイテムかなと思います。

というわけで、コレッツィオーネ・チンクアンタ+1でした。
イタリアも色々なチャレンジがなされていて、改めて未知数で面白いなぁとこういうのを飲むと感じますネ。
伊達にフランスと競っていない・・・いや、競うなどという気はなく自分たちこそ王道だと言い切ってくる勢いをこういうマルチヴィンテージだったり品種のミックスのヘンテコモノを作ったりを「大手がやっている」のは魅力的です。

値段がかなりバラバラなのでお好きなショップでどうぞ。



マスタースパーク!

関連記事

| イタリア | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1448-8f8dd3ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT