オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セントラルコースト大手のマジ!・・・ってどうなのってこっそり更新したくなる感じ。 ルシエンヌ・ローンオーク・ヴィンヤード

うぇるかむ!
9月に入り、なんだかTOKYOはすっかり涼しい気がしてびっくりしますが、これからこそ映えるのはピノかなぁとか。
秋口のがピノは美味しいと思うのでス。や、ワインは年がら年中美味しいけどサ。

20170828212617ffe.jpg
ルシエンヌ・ローンオーク・ヴィンヤード
これが結構ぶったまげました!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルそのものはシンプルすぎてインパクトが薄い感じですネ。文字配列とかも良くないしナ。
20170828212632e1f.jpg
裏も特別凄いことが書いていない雰囲気。

造り手はハーン・エステート。ド大手・・・なんですが、実は当ブログではあんまりわざわざ取り扱っておらず、むしろ数年前のサイクルズ・グラディエイターぶりな程でした。
ニコラス・ハーンという方が創始者で鶏が目印云々・・・と話せば長くなるので、今回のルシエンヌについてだけ書くと、基本的には安旨系ブランドをやたら展開しているハーン・エステートにおける「プレミアム銘柄」がこのルシエンヌシリーズです。
ニコラス氏のミドルネームが「光の守護聖人サンタルシア」なんだそうで、その女性形の名前にしてルシエンヌ。その王冠がシンボル・・・・・・なんだけど、やったら地味よね(正直)
実はSLHことサンタ・ルシア・ハイランズが「AVAになったきっかけ」も実はハーンなんだそうで。日本でいったら、お米のブランドを立ち上げたみたいなもんですヨ。結構凄い事でありまス。
で、ルシエンヌシリーズの特徴は「単一エステート畑もの(自社畑)」のシリーズで現在は4つ展開されているとか。
それも、どれもピゾーニの隣とかにあるんだそうで、今回のローン・オークもロゼラスのお隣畑。
ジェフ・ダナック(アドヴォケイト)がパーカーポイント94点をつけ「600ケースしかないけど探しとけー」と促してたりしてて割りと良さそうな素材が揃っている・・・・・・のに、何故か地味さと安ブランドのワインにその値段はどうなの?みたいなコノスル・オシオみたいな感じにもなっているアイテムだろうと思います。
で、その実態はですネ・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥(カリピノ好きなら+♥)
典型的海岸沿いカリピノの忠実な美味しさ!みんみー!!
良いカリピノの実例ですネ。まさに教科書どおりに「カリピノ」それも「上位のセントラルコーストピノ」といっていい出来です。
基本に忠実で、甘く、その甘さがとても綺麗にキュートにアイドルチックに仕上げてあります。

20170828212646631.jpg
色はクリアめですがそこそこ強いレッド。
香りからしてチェリーのジャム、それと紅茶感少々。
とても寒冷地寄りの雰囲気があります。で、どれもがかなりセンスが良い訳です。
チェリーのタッチは甘さが多めなもののフレッシュでクランベリーなども含みますし、紅茶感も程よくダージリンを思わせるモノ。
あんまりオレンジや塩っぽさとかはないタイプで、味わいも基本はストレートです。
みずみずしい口当たりにチェリーがふんわり素直に広がり、それから茶葉、果物の種類に広がりが見えてそのまま元気な果実感を残して甘めのフィニッシュ。
果物の実力が高いのがわかるのは全体を通して甘めの果物感があるのに、どこにもチャチな印象がなく数日経ってもこのフルーツ中心の甘味の良さが残り続ける事。
たまに当ブログ、芯が云々言うことがありますがコレは間違いなく「芯にブレがない、そして強い」タイプです。
変化球も何もなく、ただ良い果実を使い適切なフレンチオーク比率による仕立てであるという事。
一流の普通さ。なんてったってアイドル。極上の島村卯月。う、うじゅきぃ~(cv:渋谷凛しゃん)

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(高額ピノと比べるなら+♥)
どっちかというと「美味しいカリピノの勉強がしたい」という人向けのアイテムでして、またはコレ呑んで「カリピノって美味しくないんだな・・・・・・」と思ったら多分カレラ・ジェンセンとかもっと美味しくないしピゾーニ系もヒットしないだろうと思います(イガイタカハとかシースモークとかのタイプなら別か?)
それぐらいにスタンダードな上位の仕上がりで6000後半から7000円程度です。
安い!とは流石に言えない値段のアイテムであり、プレゼント用途とかにはあまりに地味すぎるのでオススメしがたく最高評価と言いがたいのですが、しかしアメリカ高額ピノどうしで比べると例えばラトーならマチネですしカレラだとヴィリエ辺りの最近のアイテムになってきますし・・・・・・そう考えると安いよねっていう。
上述のとおり、プレゼントであんまり喜ぶ人はいなさそうな地味なステータス、それに反する中身なので基本はワイン会や自分用だろうと思います。
最上位クラスのピノをギリギリまでお値段下げて呑みたい!という欲望まみれの方が買い占めるべきアイテムです。

というわけで、ルシエンヌ・SLH・ピノ・ローンオークヴィンヤード2014でした。
正直、ハーンの事甘いばっかりだと思って舐めてました!
その部分はこのアイテムにもあれどそれがずっと洗練されるとこうなるのか、と驚ける内容でス。
いやー、ワインって呑んでみないとわからないですなぁ・・・・・・

楽天ではお店によって値段が妙に異なります。これが最安値かな?


渋谷凛「う、うじゅきぃーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」

関連記事

| アメリカ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1438-b44dc384

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT