オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロブション御用達ワイナリ・・・の、兄弟によるシャンパーニュ。その実力の高さ。 ピエール・パイヤール・レ・パルセル

うぇるかむ!
夏場もお盆が終わってしまいわりかし焦ってるシンクです。いやぁ、本当に忙しくてネ・・・・・・
というわけで、今日も泡。

201708102244488ba.jpg

ラベル・ストーリー(最大10pt)
♥♥♥
ラベルはむちゃくちゃシンプル。ただあんまり雑多となったりしてないのは良い点かな。文字だけ構成としては普通の部類かと。
20170810224457d64.jpg
裏はめっちゃ情報が乗ってます。

造り手であるピエール・パイヤールはロブション使用で著名なプルーノ・パイヤールの兄弟です。
兄弟ワイナリ、ではなくあくまでも血筋がおんなじなんだそうで、全く作りは異なるしほぼほぼ関係性がないぐらいだとか。
実はプルーノよりも設立も早かったりします。
他には良い畑を持っています・・・みたいな、所謂マニア向けの(書いた所で普通には大して面白く無い)情報こそ多いけれどプルーノより華のあるお話があんまりないようでちょっと地味。
それでもアドヴォケイト90点はとっていたりもします。
そんなこんなで玄人好み寄りのワイナリかなーとも思うのですがその実力とは・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
この血筋、美味い!
全然関係ないらしいですけれど、兄弟故なのか知りませんがプルーノ・パイヤールとは似ているという気がしちゃいました。
コッテリ寄りでバターの感じがふっくら仕上がっています。

20170810224506ee3.jpg
色は黄緑寄り。泡に関しては底の方でもらってしまったので少し弱めでしたが恐らく中庸。
香りからクロワッサンみたいな感じなんですネ。
グレープフルーツなどの柑橘も多くありつつ、バターっぽさ、パンの雰囲気がふわーっとしている。
チョコっぽいビターさはあんまりない辺りが兄弟ワイナリとの違い?とは思います。
味わいも全体を通して品があるパンっぽい仕立てとなっています。
果実とバターっぽさが程よく混じっていて、それが泡と共に流れていく印象。
アフター自体はそこまで長くはないのですが、フードフレンドリーさもあるかと。
飲みやすいタイプだと言えるでしょう。
全体にやさしい味わいで、コッテリ寄りでありつつクドイ要素を感じなかったのでス。
とことん品が良いお嬢様タイプのキャラクターかなと思います。ちょっとロリ寄り?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
シャンパーニュのアイテム、としては6000円前後なのはかなり良い感じかなと思います。
このぐらいの価格だと大手メゾンのNV乱立してますし。それらよりは丹精込めて作られているよーな印象があります。
ただ、他国と比べるとどうだろう?といった時に個性の差で好みが現れるかと。そこんとこでギリギリ最高評価にはせず。
シャンパーニュとしてもここ最近当ブログで更新してきたアイテムたちに比べて明らかに地味なラベルなので、プレゼントとかパーティーに映えないのはネック。
本格的に玄人好みの品なのです。そりゃ日本で検索したらプルーノ側のが出まくりますワ・・・・・・
中身は相当良さ気なのですがネ。

というわけで、ピエール・パイヤール・レ・パルセルでした。
ピエール作品の中では最下層とはいえ、かなり実力が高いですし、しっかりとした作り込を感じました。
全然関係ないらしいけど、過去にいただいたプルーノの方を思い出す辺り、やはり血筋なのかななーんて感じちゃったりも。
何れにしてもパイヤールってついてる泡はアタリの可能性たかいって事でひとつ。

そんなに出回ってなさげなので、手に入れられるときにどうぞ。


なんとなくロリ寄りなワインな気がしている。

関連記事

| フランス | 07:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1426-b224843f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT