オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新たなアルマン・ド・ブリニャックになる?ウェイ系向けかと思いきや・・・インフィニティ8・ミレジム2003・ブロッサムエディション

うぇるかむ!
今日はどーしても、これで更新しておきたくて早起きしますた。

20170808064256c28.jpg
インフィニティ8・ミレジム2003・ブロッサムエディション
数字つながりでネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(ラベル的に+♥♥?)
この何ともオラついたチャラ感!
とにかく色々とチャラついた印象が強いアイテム。でもRM(レコルタン・マニピュラン。小規模生産者)ではあったりしまして、第二のアルマン・ド・ブリニャックなんて言われすらも・・・・・・まぁ確かに
201708080643304c8.jpg
このナイト向け感ヨ・・・・・・
ついでに、赤い部分は常温だと白くなっていて冷やすと色が変わる=飲むのに適温という合図になっているという便利なような面白さ重視のようなギミック。
20170808064306109.jpg
デゴルジュマンとかちゃんと書いてあったりする。

どうしてこんなにチャラいのかというと、成り立ちやこのワインの名前の付け方からしてまぁチャラいワケでして・・・・・・
造り手はニコラ・ルティステランという方で元々家族経営でヴーヴ・クリコにブドウを卸していた一家の跡継ぎ。
彼がそのつながりでヴーヴ・クリコやそのほかラグジュアリーブランドのデザイナーであったフランク・ルルーという方とのタッグとしてデビューしたのがコレ。
名前の「永遠の8」というのは・・・・・・要するになんかカッコイイから!が理由。8を横にすると∞。縁起がインフィニット。
そんなもうウェイ系が大好きそうなワード満載のブランディングによって、見事にアメリカのセレブレティにブレイク。
なんだかチャラい新世代のRMとして良い意味でも悪い意味でも注目されているシャンパーニュかな。
そんなブランドからの更にチャラついた花がらのアイテムが今回ので2003年もの。
シャルドネ40、ピノ60という構成だそうで一部は(シャルドネが?)買いブドウっぽい。
実は年間生産量は15000~から40000で意外と少量生産みたい。
さて、そんなパリピポ向けアイテム?なのですが実際中身も・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
意外とスリムなまとまり方
予想外にパワー系の作りではなく、ロデレールとかの細めの作りになっています。
無難に程よくまとまっている。正直そういうパターンとはかけ離れたイメージを先入観で私も持っていましたネ。やっぱりラベルって大事。
20170808064319b19.jpg
色はかなり明るめのイエロー。
香りにグレープフルーツの要素は大きく出ていて、ほんのりとミルキー。
酸感も甘味感もまとまりが程々で、少し抑えめとも言えるかな。
派手さよりもキレイ目な仕様だと思います。
味わいも本当にスラッとしてましてバランス型。
フルーツのタッチが最初から最後まで通りが良く、チョコっぽい苦味とかは超少なめ。
ミルキーで飲みやすい万人に向いたスタイル。それでありながら貧弱にはなっていない点が評価出来るところかな。
ドライすぎるタイプともまた違って、テタンジェとかこんな感じだった覚えがある。
とにかく刺がなくスルッといけてしまう。ドン・ペリニヨンよりもナイトマーケットではわかりやすくてウケが良いかも?
派手ギャル系かとおもいきや、中身が意外と繊細でびっくりするギャップ萌え系。ギャル子やギャル子。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(外見で+♥?)
18000円ぐらいのアイテムであり、コスパがいいか悪いかというとまぁ、そんなに良いとも言えず。
ただ、悪い感じでもなかったりしまして、何とも判定がびみょーなところではあります。
20170808064341409.jpg
とにかく8推しだったりする極端さに対して中身がキレイ目なのは驚きポイントでしたが、ただ絶対にコレじゃなくちゃ!みたいな凄みのある仕上がりではないという。
思ったより良い、けれどめっちゃ凄いではない。そんなポジションの中身・・・・・・にこの派手ラベルがついているワケ。
基本はプレゼントとかウェーーーーーーイ!ハラマスコーイ!!フワフワッ!!!とか言いながら指を突っ立てて呑むのかな。

というわけで、インフィニティ8よりブロッサムエディションでした。
思いっきりチャラついた方向性のRMでありますが、流行に乗れなきゃ廃業もありえるわけで。
通な人だとやっぱり職人気質な感じが前面に出ているのを評価しがちですが・・・・・・案外とこういうのもアリよん。

売っているところはそんなに多くなかったりする。


・・・・・・あれ、ブロッサムでないとこうなのかしら?


中身はいい人系ギャルやらウェイやら



関連記事

| フランス | 08:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/1421-f127d39e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT